「なんて素晴らしい人生!」癌で逝ってしまった友への追悼ライブ

船橋のライブバー「バディーズ」でFUNNY PLAYERSが演奏している場面

「タニヤンやってるよ、頑張ってるよ」

2017.6.3 船橋Buddy'sにて開催された

FUNNY PLAYERSのライブ中に

ボーカリストの川音さんが

天国にいるベーシストの谷口さんに

話しかけている場面です

 

「癌が見つかる3日前くらいまで

1人で登山に行ったりしちゃってね」

高校時代は野球、大学時代はアメフトと

強靭な肉体を持ったベーシストでしたが

2年前に世を去ってしまいました

 

メンバー紹介の最後に

川音さんは彼のことを想いながら

丁寧に説明していきます

ライブも終盤にさしかかっていましたが

彼への追悼ライブという気持ちも

込められていることに

ここではじめて気が付きました

 

船橋のライブバー「バディーズ」でFUNNY PLAYERSが演奏している場面

時が経てばやってくる大事な人との別れ

1997年に結成された

FUNNY PLAYERSも今年でちょうど

20周年を迎えることになります

20年間、色々あったと思いますが

時が経てば経つ程、そういった大事な

人との別れというのは増えていきます

 

このライブを観ている時

10年前に膵臓癌で亡くなった

母のことを思い出しました

当時53歳、僕が実家に帰った時には

いつもそこにいるのが

当たり前だと思っていた存在です

 

それが「当たり前」でないことは

頭では分かっているつもりでした

「人間だからいつかはそうなる」

でも、実際にそうなった時

実感として分かっていなかった

自分がいることに気付かされます

 

船橋のライブバー「バディーズ」でFUNNY PLAYERSが演奏している場面

深い悲しみを乗り越えた先にある気付き

そして深い悲しみを乗り越えた先で

「自分もいつそうなるか分からない」

という想いが強くなっていきます

たぶん、この感覚は身近にいる

大事な人を失った経験がないと

分からないものなのかもしれません

 

明日そうなるかもしれないし

もしかしたら今日かもしれない

そう考えた時に、失敗や批判を恐れて

やりたいことをやらないというのは

何てもったいない人生の過ごし方

なのだろうと気付くのです

 

今回のライブタイトルが

「なんて素晴らしい人生!」

すごくいいなと思いました

明日、僕は世にいないかもしれません

アナタも世にいないかもしれません

だからいま生きている人生が

素晴らしいのだと思えてくるのです

スポンサーリンク

コメント: 0