音楽活動の集客や販促について書かれた記事

【集客10%の法則】音楽企画10本のデータから見えた数字の傾向

一定条件を満たすと見える数字の傾向

2014年から2018年までの期間に

10本ほど音楽企画をやってきたので

今までのデータをザックリまとめました

こうやってフィードバックをとると

単発のイベントだけでは見えてこない

意外な盲点を発見できたりします

⇒記事を読む



こうすれば効果的な音楽フライヤーになる!広告の因数分解と分析

広告作りはプラモの組み立てと同じです

音楽ライブのフライヤーにおいて

「デザイン重視」と「集客重視」の

2種類について前回お話しましたが

では集客重視のフライヤーを作るには

いったい何が必要なのでしょうか?

プラモに例えて説明していきます

⇒記事を読む



本気で音楽ライブで集客したいなら最低限この3つは必要です

集客するために絶対に必要なこと

音楽ライブで集客したいと思うなら

告知してれば何人かのお客さんは

「きっと」来てくれるだろう

という程度の感覚ではダメなんです

「きっと」ではなく「確実に」

その為に必要なこととは何でしょう?

⇒記事を読む



シンプルなアンケート用紙の無料ダウンロード(A4用紙で2枚)

お客さんが1分以内に書ける工夫

シンプルなアンケート用紙を

ネットで色々と探してみたのですが

なかなか見つからなかったので

自分で作ってみました!

シンプルかつ顧客満足の改善点の

ヒントが探せるような内容にしました

⇒記事を読む



演奏力が無くても全国ツアーを可能にした彼女の固い決意と覚悟

演奏力が無くても可能な全国ツアー

彼女がチケット代と物販のバックで

これだけの全国ツアーライブを

可能にしてしまったということ

演奏力が無くても音楽で食える時代は

すでにきているのかもしれませんね

⇒記事を読む



検索からバンドのHPに新規ファンが訪れる仕組みはありますか?

新規ファン獲得に必要な検索流入

バンドのホームページでよくあるのが

更新がライブ情報だけというサイトです

既存客への情報発信だけでなく

HPから新規ファンが増える仕組みが

あった方が便利だと思いませんか?

⇒記事を読む



ズバリ!ガールズスタイルの客層を分析してみた結果を発表します!

お客の男性比率が異常に高いイベント

ガールズスタイルというのは

魅力的な女性アーティストたちが

全国各地の色々な場所で

音楽ライブを開催するイベントです

今回はそこに参加している人達の

「客層」に注目してみました

⇒記事を読む



【要注意】音楽ライブのDM告知はウルトラマンのスペシウム光線です

DMを効果的に使うための準備とは

ツイッターやフェイスブックなどの

SNSのダイレクトメール(DM)で

相手にいきなり音楽ライブの

告知メッセージを送るのは

ウルトラマンが怪獣にいきなり

スペシウム光線を打つようなものです

⇒記事を読む



2~3マンライブの場合は先にバンドのスケジュールを確認すべし!

バンドのNG日程を先に確認する

これが5バンド、6バンドの場合は

ハコを先に押さえた方がいいと思います

バンドのスケジュールに合わせたら

キリがなくなってしまいますし

ということで、これから音楽イベント

やろうと思ってる方へのアドバイスです

⇒記事を読む



ライブのチケット代を安くしたがるバンドとそうでないバンドの違い

チケット代にこだわらないバンドの特徴

音楽イベントのオファーを出していて

音楽ライブを「ライブ」として

捉えている人と「ショー」として

捉えている人でチケット料金に対する

認識がかなり違うことに気が付きました

両者は一体なにが違うのでしょうか?

⇒記事を読む



ガールズスタイルで彼女達はなぜ全国各地で音楽ライブできるのか?

全国各地でライブができる仕組みとは

ガールズスタイルという

イベントで演奏している彼女達…

皆さん別にプロというわけでもなく

全国各地の色々な場所で

音楽ライブをしているようなのです

気になったので実際に行ってきました!

⇒記事を読む



【集客重視】ライブのフライヤーに掲載すべき内容のチェックリスト

フライヤーには大きく2種類あります

(A)デザイン重視のフライヤー

(B)集客重視のフライヤー

掲載すべき内容が抜けていたり

肝心な部分がハッキリ書かれていない

ものが意外と多かったので

そこらへんのヌケモレを防げるような

チェックリストを作ってみました

⇒記事を読む



音楽ライブに出演して欲しいバンドに声をかけるタイミングとその方法

直前の出演オファーが失礼な理由

音楽ライブで出演して欲しい

バンドに声をかけるタイミングって

なかなか難しいですよね

今までイベントを主催してきた中で

ある程度の目安はつかんだので

この記事でご紹介いたします

⇒記事を読む



音楽ライブチケット料金の高い安いを決めるのはお客さんの〇〇です

高い料金でチケットを売る為の心得

・安く売ってたくさんお客を集める

・高く売って客単価の高い人を集める

ここで第3のアイデアを出します

「高く売ってたくさんお客を集める」

この発想を出来る人がライブで

利益を出せるのではないでしょうか

⇒記事を読む



音楽活動を個人事業にして確定申告すればいいと思う件について

知らなければ損をする税の知識

2月は確定申告のシーズンですね

音楽活動でメジャーを目指すよりも

個人事業としての自立と成功を

目指すべきだというのが持論です

そう考える理由は大きく3つあります

⇒記事を読む



飲食店が廃業する大きな理由の1つを実例つきで紹介

突然やってきた店休のお知らせ

飲食店が廃業する割合は

2年以内が約5割、3年以内が約7割

そして10年で約9割と言われています

大きな原因の1つはコレなんじゃ

ないかなという体験をしましたので

実例にてご紹介したいと思います

⇒記事を読む



理想的な音楽イベントを実現するための料金システムが見えてきました

音楽イベントでの最悪の展開とは?

音楽イベントを開催する際に

会場の貸切料金をいかに安くするかは

利益を出すためにも死活問題です

知人のツテで土日3万円台で

貸切できる場所が都内にありまして

そこなら理想の出演条件を提示できます

⇒記事を読む



音楽イベント打ち合わせの時にマインドマップを使うと便利です

喫茶店でも使える便利な思考ツール

音楽イベントの打ち合わせの時に

僕はよく「マインドマップ」を使って

その場のアイデアをまとめたりします

マインドマップをというのは

自分の頭の中身を視覚化して

他の人にも見えるようにしたものです

⇒記事を読む



ワンマンライブを成功させるのに参考となる3つの事例を紹介

お客さんの期待をどのように上げるか?

今まで色々なワンマンに行きましたが

行きたくなるようなライブには必ず

「お?」となるような何かがあります

そこで今回は今まで行ったワンマンで

参考になりそうな告知やコンセプトが

あったものを紹介していきます

⇒記事を読む



今の時代における「音楽で飯を食う」という言葉の意味について

時代と共に変化する音楽の収入源

僕の知人のシンガーソングライターは

FXで収益を出して生活しています

年間の個人所得は推定で2000万円

「音楽で飯を食う」という

言葉の意味についてこの記事では

少し考えていきたいと思います

⇒記事を読む



人工知能(AI)時代に音楽業界で生き残る人の非効率な特徴とは?

AIによってもたらされた産業革命

人工知能(AI)が活躍する社会

それはつまり「人間の仕事が奪われる」

ということを意味します

では音楽の場合に仕事が奪われる

可能性のある分野はどこでしょう?

生き残っていくにはAIにマネできない

非効率な付加価値というのが必要です

⇒記事を読む



SNSごとに違うメッセージの返信率…その差を生み出す原因とは?

SNSの特性を生み出す匿名性

SNSの種類にも色々ありますが

それぞれによってユーザーの特性

というのは変わってきます

例えばDM(ダイレクトメッセージ)を

送った時の返信率に大きな違いが

出てくるのもその結果となります

⇒記事を読む



バンド解散、活動休止の原因で驚いた&よくある内容を3つまとめました

衝撃的だった活動休止の原因とは?

バンドが解散や活動休止してしまう

原因というのは色々ありますが

この記事では今まで見てきた中でも

驚いた&よくある内容のものを

大きく3つにまとめてみました

メンタル的な部分も分析していきます

⇒記事を読む



東京と大阪の音楽交流イベント実現!その裏にある共同開催の利点とは?

音楽イベントを共同開催するメリット

2017.11.11 東京都文京区のライブバー

「ファビュラスギターズ」にて

関東と関西をつなぐ

音楽交流イベントが開催されました

共同開催による3つのメリットを

まさにフル活用した企画と言えます

⇒記事を読む



バンド活動が自然な口コミでファンを増やしていった3つのワケ

まずは演者同士から生まれる口コミ

バンド活動が自然と口コミで

広がっていくというのは理想的です

主婦のユカリスさんがボーカルを務める

インスパイアブルーのライブがあり

バンドが意識していないところで

口コミが軽く起こっていたようなので

その背景を少し考えてみたいと思います

⇒記事を読む