初心者がスマホで音楽ライブのいい写真を撮るコツ

ライブハウスやホールで

音楽ライブの撮影をする時に

いい写真を撮るコツというのがあります

僕自身、プロでもなく初心者で

月に2~3回、SNSで気になる

バンドやアーティストの写真を

スマホ(現在iphone5s)で撮り続けて

2年くらいになりました

 

撮影してきたバンド、アーティストは

2016年で59本、主催してきた

イベントなどの撮影も含めると

60本弱の音楽ライブの写真撮影

選定、編集をしてきたことになります

 

そして1本あたりのライブで撮影する

写真の枚数は500~1000枚位です

iphoneのバースト機能(連写撮影)で

1ショットあたり10枚で撮るので

カメラロールには50~100枚程の

バースト写真が並ぶカタチになります

 

「いい瞬間」を連写撮影で捉える

ライブでは被写体が

ステージで激しく動いたりするので

連写で撮影しないと「いい瞬間」

というのがなかなか撮れません

アーティストの表情、動き

初心者がそれを捉えようとするなら

やはり枚数にモノを言わすのが

最も簡単な方法となります

 

もちろん一眼レフのいいカメラに

比べれば画質などは劣りますが

SNSに投稿する写真であれば

スマホで撮ったもので十分という

人も多いのではないでしょうか

 

というのもTwitterやFacebookで

頻繁にライブ写真をアップする

アーティストやバンドの場合は

質よりもスピードが求められるので

「ある程度いい写真をより早くお届け」

という方が相手に喜ばれたりします

僕の場合はライブ帰りの電車で

写真の選定をして、その日のうちか

翌日までには相手に送信しています

 

できるだけ近くで撮影した方が上手く撮れる

だからといって質を上げる努力は

怠ってはいけないと思います

牛丼屋のフレーズではないですが

理想は「上手い、安い、早い」です

今まで撮影してきた中で

音楽ライブの写真を上手く撮るコツ

「できるだけ沢山の写真を撮る」

というのがまず1つと

 

次に「できるだけ近くで撮影する」

やはり近い方が写真も綺麗でブレずに

上手く撮れることの方が多いです

この時の注意点は他のお客さんの

視界に入らないよう、しゃがんで

邪魔にならないように撮影することです

 

お客さんが多いと難しいですが

大抵のライブは最前列にスペースが

あったりしますので、そこを上手く使い

右サイド、中央、左サイドから

しゃがんだ状態で撮影すると

なかなかいい写真が撮れます

 

ドラマーのいい写真を撮るのは難しい

特にドラマーを上手く撮影するには

この「近距離撮影」が有効です

スマホでの遠距離撮影ですと

どうしてもドラマーの表情や動きを

上手く撮るのが難しくなります

 

色々なライブを撮影してきましたが

ドラマーのいい写真を撮るのが

1番難しいと個人的には感じています

SNSでもドラマーのいい写真というのは

なかなか見かけないので

ぜひこの「近距離撮影」でドラマーの

いい瞬間を捉えてみてください

 

写真選定の判断基準を明確にする

あとは写真の選定ですね

連写撮影をした場合

このように連続した写真が並びますが

あなたなら、1枚を選ぶとしたら

この3枚の中からどれを選びますか?

 

表情、動き、光の具合など

個人の好みもあるかと思いますが

僕は1枚目を選びました、なぜなら

「メンバー全員が写っている」からです

地味ですが、ドラムの顔も捉えています

 

選定の基準は人それぞれですが

そういった自分なりの判断基準を

明確にしておくと、選定の時間を

短縮することにも繋がりますので

ぜひこれを機会に意識してみて下さい

 

撮影の時に注意したい相手への確認

僕の場合はこういった

音楽サイトの運営もしているので

写真もできるだけいいものを

アップしたい、というのもあります

そして、その方が相手にも喜ばれます

これは動画でも同じです

 

SNSが普及してきて

お友達やお知り合いのライブ写真で

できるだけいいものを撮りたいと

思っていらっしゃる方も

増えてきているなと感じます

スマホでも撮り方次第で

十分にいい写真を残せますので

参考にしていただければ幸いです

 

あと、撮影の際は相手とお店への

確認は忘れずにおこないましょう

SNSで相手に撮影オッケーかの確認

当日の現場でお店への撮影確認

これらをしておくことで

より安心して遠慮なく撮影できます

追伸:ライブフォト機能を使うことで

写真の選択が更に便利になりました

⇒ios11からのライブフォト写真の抜き出し機能が超絶便利です

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク