【無料DLあり】花火大会の撮影を一眼レフカメラ三脚なしで挑戦!

た~まや~、ハイ!花火の季節ですね

最近、ミラーレスの一眼レフカメラ

(SONYα6000)を買ったのでさっそく

パシャパシャと色々撮影しています!

そんな中でも花火を撮るチャンスは

年に1度のこの季節だけなので

どんなものなのか挑戦してみました!

 

2019年8月3日幕張ビーチ花火フェスタ

ネットで調べてみると打上げ23,000発

来場者数が30万人とかなりの規模です

正直、写真を撮る目的が無ければ

こんな人混みにわざわざ飛び込む

なんてこと普段は絶対しません!(笑)

しかし今回ばかりは行ってきました!

 

2019年8月3日幕張ビーチ花火フェスタへと向かう人々

続々と花火会場へと向かう人々

打上げ開始が19:30からだったのですが

19:00の時点ですでに人が沢山います

この海沿いの道を着物を来た女性や

家族、デートカップルなどが続々と

会場方向へと歩いていくのですが

と・・・とにかく人が多い・・・

花火を観る前に疲れ果てそうでした

 

2019年8月3日幕張ビーチ花火フェスタを観るために集まった人々

橋の上で花火の始まりを待つ人々

そして道路は道路で車やバイクの大渋滞

ちょうど見やすそうなスポットの

橋の上など路駐、路駐、路駐・・・

やはり皆さん考えることは同じですね

ここなら見やすそうだと僕も思いました

パトカーがサイレン鳴らして車を

移動させるように呼び掛けて走ってます

 

しかし、誰も動く気配がありません(笑)

花火大会、みんなで路駐すれば怖くない

という俳句(?)を思いつきましたが…

そんなくだらないことを考える前に

撮影のセッティングをしなくては・・・

今回、三脚は持っていきませんでした!

三脚なしでどこまで撮れるか挑戦です

 

幕張ビーチ花火フェスタで打ちあがる花火

DL用の写真を20枚選定しました

この記事の後半に高画質(6000×4000)

写真のダウンロードリンクがあります

多少ブレているものもありますが

まあ撮れたかなというのを集めました

三脚なしだとシャッタースピードは

1/10~1/20くらいが限界でしたね

それより遅いと写真がブレまくります

 

ISOは2000~3000で絞りは5.0前後です

あとはオート撮影も保険で一応(笑)

いや~、やはり一眼レフは違いますね

写真の臨場感や躍動感がアップしました

スマホ撮りは瞬間を切り取る感じで

一眼レフは見たままの景色を残せます

画素数の差だけではない気がしますね

 

幕張ビーチ花火フェスタで打ちあがる花火

三脚は必要ですが無くてもいけます

ということで三脚なし、手撮りで撮影

しかも強風というコンディションの中

花火大会の撮影は無事終了しました!

結論、三脚は荷物になるけど必要!(笑)

ただ、手撮りでもシャッタースピードを

上げ気味に設定して、ISO高めにすれば

普通に見れる写真は撮れると思います

 

高画質の花火写真の素材を探している方

ここに20枚アップしておきますので

どうぞご自由にダウンロードして下さい

また撮影したら追加をしていきます

特にメッセージなど無くて大丈夫ですが

あれば感想などいただけると有難いです

更に良い写真を撮れるよう精進します

 

◆高画質版の無料ダウンロード◆

 

【関連記事】

⇒初心者がスマホで音楽ライブのいい写真を撮るコツ

⇒若手のアー写クオリティの向上から感じるセンス格差の可能性

⇒【1.1MB⇒79KB】画像サイズ圧縮(2段階)の方法を図解で解説!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

Gポイント