音楽ブログに必要な検索エンジン対策

アクセス解析で注目されたバンドや音楽イベントのベスト3を発表!

2018年に検索で注目されたのは?

こうして色々な記事を書いていると

検索されているバンドやアーティスト

そして音楽イベントというのが

アクセス解析からよく分かります

ということで、2018年に検索された

ランキングベスト3の発表です!

⇒記事を読む



FB広告でバンドのライブ映像が2日で1.7万再生を突破!

FB広告を使って商圏を世界に広げる

Facebookの広告機能を使って

先日に公開したバンドのライブ映像を

海外に向けて配信したところ2日間で

何と再生回数1.7万回を突破しました!

主な配信先はアメリカ、イギリス…

など7ヵ国に設定して予算は30ドルです

⇒記事を読む



【1.1MB⇒79KB】画像サイズ圧縮(2段階)の方法を図解で解説!

1.1MBのファイルが79KBになりました

記事に写真を1枚使うくらいなら

別に大したことはありませんが

5枚、10枚使うと約5~10MBの差です

そりゃサイト表示速度に差が出ます

画像を多用しているサイトであれば

このサイズ縮小は必須項目です

⇒記事を読む



検索からバンドのHPに新規ファンが訪れる仕組みはありますか?

新規ファン獲得に必要な検索流入

バンドのホームページでよくあるのが

更新がライブ情報だけというサイトです

既存客への情報発信だけでなく

HPから新規ファンが増える仕組みが

あった方が便利だと思いませんか?

⇒記事を読む



A8ネット楽天モーションウィジェットはブロックされたリソースになるか?

設定で商品カテゴリを絞り込めます

楽天モーションウィジェットというのを

A8ネットの管理画面で見つけました

この記事に辿り着いた方は

「ブロックされたリソース」にならない

ASPを探している「robots.txt」を

いじれない人たちだと思います

⇒記事を読む



WordPressとJimdoの初期設定やりやすさと料金を比較

X2サーバーで初期設定をした場合

WordPressをはじめようとした時に

最初にかかる費用は15.000円位です

これにランニングコストが

毎月だいたい2.500円かかります

そう考えるとJimdo Proプランの

月額945円という料金設定は

リーズナブルなんだなぁと思います

⇒記事を読む



Jimdo使っている人に役立ちそうなSEOの記事をまとめました

Jimdoに必要なSEOはまだあります

ホームページをJimdoで作成していて

なかなかアクセスが伸びない・・・

という方のために役立つような記事を

ここでまとめたいと思います

実際、僕も3年ほど使ってきましたが

知らなくて損していたこともあります

⇒記事を読む



「ブロックされたリソース」再び…今度はA8.netのバナーが原因

A8.netがブロックされたリソースに

サイトの収益率を改善するために

A8.netのローテーションバナーを

Googleアドセンスと併用して

記事に貼り付けるのを試してみました

そしてGoogle Search Consoleで

サイトの状況をチェックしてみると…

⇒記事を読む



アドワーズの人に電話の無料相談で教えてもらった3つの改善点

サイトと関連の無いターゲットを除外

アドワーズの電話相談をやってみて

女性担当の方が僕のアカウントの

広告内容を確認するのに

かかった時間は約2~3分でした

そして1つ1つ丁寧に説明をはじめます

「まず1つ目がターゲット設定です」

⇒記事を読む



アドワーズ無料の個別電話相談をやってみて電話に出たのは…

アドワーズに電話してみました!

ある日こんなメールが届きました

「ぜひ無料の個別電話相談を利用して

更に多くの見込み客を獲得しましょう」

今まで自分なりの試行錯誤だけで

アドワーズを使ってきましたが

なんと本家が教えてくれるそうです

⇒記事を読む



アドワーズから7500円のクレジットが届いたので試してみた

プロモーションコードを入力して適用

アドワーズというのは

要するにお金をかけて広告出して

サイトのアクセスを増やすわけですが

Googleより7.500円あげるから

とりあえずやれよ!とメールがきたので

実際にやってみることにしました(笑)

⇒記事を読む



アクセス解析で「ページ/セッション」の数値を重視する3つの理由

テコの原理とコントロールのしやすさ

アナリティクスのアクセス解析において

僕の場合は【ページ/セッション】

という数値を最も重視しています

なぜなら、テコの原理効果と

読者の忠誠心(ロイヤリティ)が

最も分かりやすい数字だからです

⇒記事を読む