アドワーズの人に電話の無料相談で教えてもらった3つの改善点

アドワーズで実施されている

無料の個別電話相談をやってみて

女性担当の方が僕のアカウントの

広告内容を確認するのに

かかった時間は約2~3分でした

 

「お待たせしました

改善できる点が3つあります」

おお!さすがAdwordsコンサルタント

こんな短時間で見つけられるとは!

と心の中で感心しながら

僕は開いたノートパソコンに映る

アドワーズの画面を眺めて聞きました

 

「なるほど、3つですか

それは今すぐ改善できるものですか?」

そして担当者も同じ画面を見ながら

1つ1つ丁寧に説明をはじめます

「まず1つ目がターゲット設定です」

 

旧アドワーズ管理画面でターゲット設定をしている場面

アドワーズ管理画面でターゲットを設定

「現在、コンテンツ内容と関連の無い

ユーザーに広告表示されている

可能性が高いので、それを改善します」

そう言って彼女はアドワーズ管理画面を

ベータ版から以前のものに

いったん戻して操作するよう指示します

 

「キャンペーン管理画面の右側にある

ディスプレイネットワークを選択すると

左側にターゲット設定の項目が出ます」

彼女の案内に従って僕はマウスを動かし

カーソルをそこに合わせました

 

旧アドワーズ管理画面でターゲット設定の除外をしている場面

サイトと関連の無いターゲットを除外

「ここから広告表示させたくない

ターゲット層を除外できます」

今まで全く手をつけてなかったので

音楽関連のサイトにも関わらず

「戦争」「乱暴な表現」「性的内容」

といったターゲットにも

チェックが入っている状態でした

 

つまり表示回数は減るけれども

より濃いユーザーに向けて

広告表示させたい場合は

ここから関連の無いターゲットを

除外する必要があるということです

 

「そうでしたか!有難うございます

ではこちら後でゆっくり選択します」

僕がペンで紙にメモを取ると

彼女は次の改善点の説明に移りました

 

旧アドワーズ管理画面で広告を追加している場面

広告を増やしてオークションを有利に戦う

「現在、広告が1つだけなので

これを最低3つ以上にしてください」

広告を作成、編集できる画面には

確かに1つしか広告はありません

「3つですか、画像を差し替えて

コピーしたものでも大丈夫ですか?」

 

僕が質問すると彼女はこう答えます

「大丈夫です、オークション方式で

広告は表示されていますので

1つだけより3つの方が有利です」

う~ん、つまりオークション参加する

入札を増やすイメージですね

 

参加者が増えれば競争相手と戦う

メンバーが増えるわけです

Aという広告枠を取り合ってくれる

メンバーが3人になって

Bという似たような枠があった場合に

同時参加することもできます

 

旧アドワーズ管理画面で広告をコピー&ペーストして増やしている場面

増やす広告の数は予算との兼ね合いで

かといって広告を増やしすぎても

新メンバーに配分するための

予算が足りなくなってしまうので

とりあえず3つに増やして

様子を見てみることにしました

 

広告にチェックを入れて「編集」から

コピー&ペーストで増やせます

あとはデータが蓄積されてくれば

文章や見出しなども比較して

改善することができるようになります

 

ここまでで15分位でしょうか

無料でここまで教えてもらえるとは

とても素晴らしいサービスです

そして彼女は最後の説明に入りました

「あとは予算ですね」

 

予算増で広告の品質スコア解析をより早く

まあ、これは言われて当然というか

そりゃそうですよねといった感じです

広告会社は予算枠を広げてナンボ

とはいえ、増やすことで

広告の品質スコアの解析が早くなる

ということも教えてくれました

 

確かに表示回数が増えれば

改善点が分かるスピードも上がります

う~ん、どうするかな~

と悩みましたが、ここまで教えて

もらったので予算・・・増やします!

こ、今月だけなんだからね!(笑)

 

アドワーズは面白いですね

人の行動を数値化することで

色々なことが見えてきます

数字の裏側にあるその人の思考を

想像するのが楽しくて仕方ありません

⇒アドワーズから7500円のクレジットが届いたので試してみた

 

スポンサーリンク

コメント: 0