黒地に白抜き文字の読みやすさを普通の文字と比較すると?

デイヴィッド・オグルヴィの本を並べた画像

黒地に白抜き文字は読まれる率が下がる

と言ったことで有名なのが

「広告の父」とも呼ばれている

デイヴィッド・オグルヴィです

 

世界的な広告代理店である

Ogilvy & Matherの創立者で

データに基づいた広告作成により

会社を大きくしていきました

彼の生きた1911~1999年という

時代に唱えられた原則は

果たして今も変わらないのでしょうか?

 

「黒地に白抜き文字」のデザインを

使っているサイトはたまに見かけます

見た目はドッシリとして

スタイリッシュな印象を与えますが

【文字を読む】という視点で考えた時に

どうなるのかを実際に検証してみます

 

黒地に白抜き文字とはこれです

見出しなどで部分的に使う分には

インパクトをつけられそうですが

文章全体で使うとどうなるでしょう

 

文章を黒地に白抜き文字で書いて比較

これは背景が黒でなくても

赤や青でも同じです

要するにバックから色を抜いて

文字を書いていくとこうなります

新聞や本などが全てこのように

書かれていたら目が疲れそうですね

 

文章を書いている側は

読者の視点というのを忘れがちです

知らないサイトをパッと見た時に

「読みにくいな」と思った時点で

内容を読まずにタブを閉じた経験は

誰にでもあると思います

 

ハッキリ言って

文字が白だとか黒だとか

フォントがゴシックか明朝かなんて

読み手は気にしていませんが

それは映像として無意識のうちに

脳の中に入っています

 

黒地に白抜き文字の改善説明画像

読者の視点に立ったサイトの改善を

ということで

最低限のSEO対策シリーズ第4弾

「黒地に白抜き文字の改善」でした

手作り革製品、レザーアイテムを扱う

「T-bone Leather」様のHPを

例題として引用させていただいてます

 

「読まれる率」というのは

検索エンジン対策で言うと

サイトの滞在時間に直結しますので

地味な部分ではありますが

とても重要な項目となります

 

次回≪サイトのスマホ視覚をチェック≫

について書いていきたいと思います

HP改善提案書のサンプルは

下記からダウンロードできますので

最低限のSEO対策として

ご参考にしていただければと思います

▼こちらからDLできます▼

HP改善提案書の無料サンプル画像

 

※こちらからもPDFファイルを

直接ダウンロードできます

ダウンロード
HP改善提案書のサンプル
T-boneホームページ改善案(修正版).pdf
PDFファイル 1.2 MB


スポンサーリンク

 

スポンサーリンク