カメラの動画ファイルを短時間でiPhoneに移動できる便利なアイテム

デジタルビデオカメラで撮影した

動画など容量が大きいファイルの

移動には何かと時間がかかります

方法の1つとしてDropboxなどの

オンライン共有サービスがありますが

動画クラスのデータになると

さすがにアップロード時間が長いです

 

動画の編集作業はPCよりも

スマホの方が僕はやりやすいです

何より寝っ転がりながらできますし(笑)

なので、できるだけ短時間で

動画データを転送できればいいなと

思っている方も多いと思います

 

i-flash driveの画像

iPhoneとPCのデータ移動に便利なアイテム

そんな時に役に立つのがこの

i-Flash Driveです

パソコン⇒iPhone

iPhone⇒パソコン

のデータのやりとりができる

USBメモリのような便利アイテム

アマゾンで3千~5千円位で買えます

(2017.4.4 時点の価格)

 

では実際に2GBの動画ファイルを

デジタルビデオカメラ⇒PC

PC⇒i-Flash Drive

i-Flash Drive⇒iPhone

の移動にどの位の時間がかかるか

計ってみたいと思います

 

デジタルビデオカメラからPCにデータを移動している場面

まずビデオカメラからPCへデータを転送

本当はビデオカメラからiPhoneに

直結してデータ移動できれば

1番早いのですが、とりあえず

一旦PCにデータを転送します

そのうちそういった便利なものも

出てくるかもしれませんが

 

ビデオカメラからPCへのデータ移動にかかった時間

2GBの動画ファイルを転送するのにかかった時間

2GBのデータをビデオカメラから

パソコンに転送するのに

かかった時間は1分54秒でした

これと同様に今度は

パソコンからi-Flash Driveに

データを移動します

 

パソコンに差し込まれたi-flash drive

i-Flash Driveをパソコン側に挿入

このようにi-Flash Driveを

パソコンのUSBポートに差し込めば

フォルダを開いてデータの転送や

消去をしたりすることができます

特にPC側にインストールしないと

いけないソフトは無いです

 

さて、では先程と同じように

ストップウォッチで

パソコン⇒i-Flash Driveへの

データ移動の時間を計ってみます

するとかかった時間は2分01秒でした

 

iphoneに差し込まれたi-flash drive

最後にi-Flash DriveをiPhone側に挿入

そして最後にi-Flash Driveに

移動した2GBの動画ファイルを

iPhoneの方に転送します

この時、スマホ側にPhotoFast ONE

というアプリがインストール

されている必要があります

APPストアで無料ダウンロードできます

 

ストップウォッチで計ったところ

i-Flash Drive⇒iPhone

へのデータ転送時間は1分05秒でした

まとめるとこうなります

【2GBの動画ファイルをカメラから

スマホへ転送するのに必要な所要時間】

・ビデオカメラ⇒PC(1分54秒)

・PC⇒i-Flash Drive(2分01秒)

・i-Flash Drive⇒iPhone(1分05秒)

 

合計でジャスト5分でした

この容量のファイルをこの位の時間で

移動できるならかなり便利ですよね

動画編集作業などをサクサク

スマホでやってしまいたい

という人にとても便利なアイテムです

 

スポンサーリンク

コメント: 0