カメラの動画ファイルを短時間でiPhoneに移動できる便利なアイテム

デジタルビデオカメラで撮影した

動画などの容量が大きいファイルを

転送するには何かと時間がかかります

方法の1つとしてDropboxなどの

オンライン共有サービスがありますが

動画クラスのデータの場合ですと

さすがにアップロード時間が長いです

 

動画の編集作業はパソコンよりも

スマホの方が僕はやりやすいです

何より寝っ転がりながらできますし(笑)

なので、できるだけ短時間で

動画データを転送できればいいなと

思っている方も多いと思います

 

i-flash driveの画像

iPhoneとPCのデータ移動に便利なアイテム

そんな時に役に立つのがこの

【i-Flash Drive】です

PC ⇒ iPhone / iPhone ⇒ PC

のデータ転送ができる便利アイテム

アマゾンで3千~5千円位で買えます

(2017年4月時点の価格です)

 

では実際に2GBの動画ファイルを

デジタルビデオカメラ ⇒ パソコン

パソコン ⇒ i-Flash Drive

i-Flash Drive ⇒ iPhone

のデータ転送でどの位の時間が

かかるかを計ってみたいと思います

 

デジタルビデオカメラからPCにデータを移動している場面

まずビデオカメラからPCへデータを転送

本当はビデオカメラからiPhoneに

直結してデータ移動できれば

1番早いのですが、とりあえず

一旦パソコンにデータを転送します

そのうちそういった便利なものも

出てくるかもしれませんが・・・

 

ビデオカメラからPCへのデータ移動にかかった時間

2GBの動画ファイルを転送するのにかかった時間

2GBのデータをビデオカメラから

パソコンに転送するのに

かかった時間は1分54秒でした

これと同様に今度はパソコンから

i-Flash Driveにデータを移動します

 

パソコンに差し込まれたi-flash drive

i-Flash Driveをパソコン側に挿入

このようにi-Flash Driveをパソコンの

USBポートに差せばフォルダを開いて

データの転送や消去ができます

特にPC側にインストールしないと

いけないソフトなどは必要ありません

 

さて、では先ほどと同じように

ストップウォッチを使用して

パソコン ⇒ i-Flash Drive への

データ転送の時間を計ってみますと…

かかった時間は2分01秒でした

 

iphoneに差し込まれたi-flash drive

最後にi-Flash DriveをiPhone側に挿入

そして最後にi-Flash Driveから

ファイルをiPhoneの方に転送します

この時、スマホにPhotoFast ONE

というアプリのインストールが必要です

APPストアで無料ダウンロードできます

i-Flash Driv e⇒ iPhone

データ転送時間は1分05秒でした

 

まとめるとこうなります

【2GBのファイルをカメラから

スマホへ転送するのに必要な時間】

ビデオカメラ⇒PC(1分54秒)

PC⇒i-Flash Drive(2分01秒)

i-Flash Drive⇒iPhone(1分05秒)

 

合計で ≪ジャスト5分≫ でした

この容量のファイルをこの位の時間で

移動できるなら、かなり便利ですよね

動画編集などをサクサクとスマホで

やりたい人にオススメのアイテムです

 

【関連記事】

⇒ライブ会場で動画撮影する時に邪魔にならないカメラの固定方法

⇒初心者がスマホで音楽ライブのいい写真を撮るコツ

⇒【1.1MB⇒79KB】画像サイズ圧縮(2段階)の方法を図解で解説!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コメント: 0