ライブ会場で動画撮影する時に邪魔にならないカメラの固定方法

デジタルビデオカメラと固定用アームが並んだ画像

ライブ会場で動画撮影しようとする時

三脚だと、どうしても他のお客さんの

邪魔になったり、いいポジションが

なかなか見つからなかったり

蹴っ飛ばされて撮影位置を

ズラされてしまうことがあります

 

今回はそんな試行錯誤の中で

僕が辿り着いた動画撮影の方法

他のお客さんの邪魔にならず

いいポジションを確保しやすい

蹴っ飛ばされる心配の無い

やり方をご紹介したいと思います

 

現在使用しているカメラは

Panasonic デジタル4K

ビデオカメラVX980Mです

こちらは¥70.000位で購入できます

(※2017.2月時点の金額です)

そして、三脚の代わりに

固定するのに使用しているのが

フレキシブルアームホルダーです

 

アームホルダーでデジタルビデオカメラを固定している様子

人の手が届かない場所から撮影が可能に

本来はスマホ用なのですが

軽いカメラであればこのように

固定することができます

こちらのホルダーは¥1.500位で

購入することができます

 

これがあると例えばライブ会場の

天井の鉄骨から吊るして固定したり

人の手が届かない場所から

撮影することができるようになります

(くれぐれも落っことさないように

しっかり確認しながら固定して下さい)

 

ここで紹介している動画は

2016.8.31以降

全てこのセットで撮影しています

天井から吊るしたり

自販機の上にセットしたり

1.000人クラスのホール会場でも

撮影場所を確保することができました

 

デジタルビデオカメラのスマホでのwifi操作画面

カメラ操作はWifiリモート機能を使用

ではカメラ操作はどうやっているのか?

といいますと、上記画面のように

Wifiでのリモート操作を使っています

スマホの画面から録画の開始や停止

ズーム機能などを使うことができるので

1度セットしたカメラ本体には

ほとんど触ることはありません

 

Wifiの電波状況によっては至近距離に

いないと操作し辛い場合があるので

そこは最初の時点でチェックします

電波が良ければ本体から

100~200mくらい離れていても

操作することができます

(くれぐれも盗難にご注意ください)

 

そうすると動画撮影と同時に

スマホで至近距離からの

写真も撮影することができます

動画と写真の撮影を両立させたい

という方にはいいかもしれません

 

動画の使用用途に合わせて画質の調整を

あとは動画の画質ですね

4Kは非常に高画質でいいのですが

1分間あたり約400MBの容量なので

10分動画を撮影すると

それだけで4GBのサイズになります

 

さすがにそれだと編集したり

PC~スマホへの動画の転送にも

時間がかかってしまい

何かと不便だったりします

なので僕の場合はこの画質を

半分に落として1分間あたり

200MBで撮影するようにしています

 

このあたりはその動画をどう使うのか

という個人的な部分もあるかと

思いますので、あくまで参考までに

そして撮影した動画はあとでチェックし

ハイライト部分をスマホで編集します

 

撮影の際は本人と会場にしっかり確認を

そうするとカメラ1台でも

こんな感じの動画を作成できます

よく「あれは1カメで作ってるの?」

という質問を受けたりしますが

ハイ、1台で作っています

これが2台、3台あればもっと

クオリティの高いものも作れますが

とりあえずは十分かなと

 

最初の頃はスマホで撮影してましたが

やはり音質、画質共にかなり

良くなったなというのが感想です

ヘッドホンで聴くとよく分かります

せっかく撮影するならより良いカタチで

残したいという方も多いと思いますので

ご参考になれば幸いです

 

追伸:撮影の際はしっかりと

アーティストと会場に確認をとってから

するようにしてください

また、この方法を使って

ビデオカメラ等の破損があっても

責任は一切負いかねますので

試す場合は自己責任でお願いします

 

スポンサーリンク

コメント: 0