ライブ告知のタイミングと集客を左右する3つの条件

もはやライブ告知は

ツイッターやフェイスブック

LINEなどのSNSでやるのが主流です

手軽にできて便利なのですが

それゆえにタイミングや回数など

しっかり考えてやっているのかな?

というバンドも多々見受けられます

 

ツイッターなどを見ていると

思いついたようなタイミングで

毎日のように同じライブ告知を

していたりする場合もあります

ここで、集客を左右するライブ告知の

条件について整理していきますと

 

「告知期間」「告知回数」「告知内容」

大きくはこの3つをどのような

バランスとタイミングでおこなって

いくのかということになります

例えば、ライブの告知期間が

あまりに短い場合ですと

当然、ライブに来られる可能性のある

お客さんの数は減ってしまいます

 

ワンマンライブや気合の入った

イベントなどであれば

3~4ヶ月前には1回告知して

おきたいところです

告知の上手いバンドなどは

「公式告知」と「個別告知」をうまく

使い分けたりしています

 

公式告知と個別告知の使い分け方

まず「公式告知」は公式アカウントで

(個人アカウントでもいいのですが)

3~4ヶ月前に1回、フォロワー全体に

この日にライブをやりますよー

という告知をザックリします

 

ここでのポイントは

そのタイミングで「ライブ日程」

「会場」「イベント内容」などが

記載されたフライヤー画像を

添付して告知をするということです

(分かる範囲でかまいません)

 

3~4ヶ月前なので

細かい日程や会場などのことは

大抵の人は忘れてしまいます

もし、そういった画像があれば

気になる人であれば保存して

いつでもライブの日程や場所を

確認できるようになります

 

いつでもライブ日程を確認できるアイテムを提供する

フェイスブックのイベント招待でも

いいのですが、ライブの日程を

確認するのにいちいち

アプリを開かなければならない

ことを考えると、見ればすぐに分かる

フライヤー画像を保存して

もらった方が相手にとって便利です

 

なので1回目の「公式告知」の時は

ぜひ、そのフライヤー画像を

保存してもらことを促す

メッセージなども載せておくと

いいかもしれません

そしてここから2回目、3回目と

「告知回数」をどうしていくか

というのを考えていく段階になります

 

告知回数と内容のバランスを考える

ライブ回数の多いバンドは

この時点でライブスケジュールを

出している場合が多いですが

とりあえず今回は

「気合の入ったワンマンライブ」

の告知をするという想定で

話を進めさせていだだきます

 

となると、お客さんを沢山

集めなければならないので

個別で声をかけていく「個別告知」に

入る前に、更に2回、3回と

「公式告知」をしなければなりません

 

「告知回数」を増やすのであれば

「告知内容」に変化が必要です

なぜなら、毎回同じ内容でライブの

告知をされても、マンネリ化して

期待感も上がらないからです

 

告知内容に変化をつけて期待感を上げる

「告知内容」に

変化をつける方法としては

・「あと○日!」カウントダウン

・楽曲、メンバー紹介

・メンバーからのメッセージ動画

など色々ありますが

要するにライブへの熱意が

しっかり相手に伝わるようなものです

 

それが見る人にとって面白ければ

回数を増やしても大丈夫ですが

退屈なものだった場合

回数を増やせば増やす程

逆効果となりかねませんので

そこはしっかりと反応を見て

「告知内容」と「告知回数」の

バランスをとっていく必要があります

 

そしてライブの2ヶ月~1ヶ月半前

ここで「個別告知」をして

1人1人へメッセージを送り

確実にライブに来てくれる

お客さんを増やしていきます

撒いた種がしっかりと実を結べば

ここで沢山の収穫があります

 

最後に個別メッセージで相手に熱意を伝える

まとめますと

「告知期間」「告知回数」「告知内容」

のバランスをうまくとりながら

「公式告知」で種を撒いて

最後に「個別告知」で

収穫しましょうということになります

 

公式告知だけバン!と出して終了

というケースがよくありますが

本当に来て欲しい気持ちがあるなら

メッセージの一斉送信などではなく

1人1人に声をかけるはずです

それができないというのであれば

ライブに来て欲しいという熱意は

きっと相手に届かないと思います

 

そこから1人、2人とファンが増えて

とても1人1人にメッセージが

送れない程の人数になったら

「さあ、どうしようか」と新しい

ステージで悩めるようになります

こちらの記事も参考にどうぞ

 ⇒ライブ前日にメッセージが来ないことでお客さんが感じる不満とは

 

告知の上手いバンドを手本にして磨きをかける

告知の上手いバンドも多いです

例えばこちらの「眠らない兎」

というバンドはきっちり

公式告知を3~4ヶ月前にして

ライブスケジュールも配信

かなりお手本となる告知をしています

 

ギターの健一さんが

ライブハウスのマネジメントを

しているというのもあり

そういったライブ告知の期間

タイミングや回数の重要性を

しっかりと理解されているんだな

というのがそこから見えてきます

 

ぜひ、告知の上手いバンドの

やり方をお手本にして

自分たちの魅力をより多くの人に

伝えられるようなライブ告知を

していけるようになりましょう

※「眠らない兎」取材記事

⇒ライブ会場で集客できるバンドの物販やチラシ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク