音楽ライブチケット料金の高い安いを決めるのはお客さんの〇〇です

音楽ライブのチケット料金を

いくらに設定するかは悩みますよね

基本的にはお店の貸切料金から

赤字にならないように

金額を決める方が多いと思います

 

例えば貸切料金が15万円だった場合

チケット代を1.500円にすると

100枚以上売れれば黒字となりますし

2.500円だと60枚がラインとなります

さて、料金はどちらにしましょうか?

 

今の時点で選択肢は2つです

・安く売ってたくさんお客を集める

・高く売って客単価の高い人を集める

ここで第3のアイデアを出します

「高く売ってたくさんお客を集める」

この発想を出来る人がライブで

利益を出せるのではないでしょうか

 

高い料金でチケットを売る為の心得

仕事で「驚安の殿堂 ドン・キホーテ」

とのお付き合いがあった頃

お店の従業員用トイレにこのような

筆字体で書かれたポスターが

貼られていたのが印象に残っています

 

商売人の心得

「安く仕入れたら高く売れ

高く仕入れたら安く売れ」

 

さすが驚安の殿堂ですね

こういった考え方を根本に持ってます

高い料金を設定してボッたくれ

という意味ではもちろんありません

この文章に含まれているのは

「商品の付加価値」をどうするか?

という提供者への問いかけです

 

金額を上げて付加価値をつける

例えば先ほどの貸切料金15万のハコが

特別に半額になったとします

そうすると当然チケット代は

更に安くすることができますよね

安くなった分だけ値下げして

格安で販売することもできます

 

しかし、そのやり方ですと

利益の採算ラインは変わりません

黒字になる金額ラインが

全体的に下がるだけです

「商売人の心得」を参考にするなら

そこで商品の付加価値を上げて

同じ料金で販売する、となります

 

高い安いを判断するお客の基準とは?

本来であれば1.000円で

販売することができるチケットを

あえて1.500円の料金にしたとします

その「+500円」は何か他のカタチで

付加価値をつけて提供した時

お客さんの印象はどうなるでしょう?

 

例えばイベント内容でもいいですし

サプライズ演出や無料プレゼントなど

何かしら「付加価値」をつけて

音楽ライブをやったとします

その内容にお客さんが満足すれば

チケット代に納得するはずです

 

逆に「満足度」が低ければ

チケット代を「高い」と感じます

つまりチケット代の高い安いは

主催者側が決めることではなく

お客さんがそのイベントを通して

どのくらい満足したかで決まるのです

 

料金を決める顧客の満足度

ペットボトルの「水」が

コンビニで500円で売ってたら

普通の人なら「高い」と感じます

しかし、砂漠のド真ん中で

喉がカラカラに渇いている人なら

同じ料金でも「安い」と感じます

 

ジャニーズやアイドルの追っかけは

高いお金を出してでも

遠征してライブを観に行ったり

割高なグッズを購入したりします

その金額は彼等にとって

「満足度」を満たす料金なのです

※参考記事⇒EXILEの追っかけ40代男性が北海道の遠征ライブでかかった費用

 

安さだけでお客が満足しない理由

チケット料金を決める時に

この発想を軸にして考えれば

「安い」「高い」の

判断基準で迷走しなくて済みます

「こんなにチケット安いから

きっと満足するはず!」というのは

主催側の一方的な思い込みです

 

どんなにチケットが安くても

内容がつまらないものであれば

お客さんは「損した」と感じます

相手は目に見えないコスト

「考える時間」「判断する手間」

「会場に移動する労力」

などをすでに支払っているからです

 

お客さんに何を提供するか?

付加価値をどうするか?

全ては主催側のアイデア次第です

お金をかけなくても出来ることは

意外とたくさんあります

脳に汗かき、それが利益に変わるのです

⇒ライブのチケット代を安くしたがるバンドとそうでないバンドの違い

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

Gポイント