ライブのチケット代を安くしたがるバンドとそうでないバンドの違い

今回、6月に上野で音楽イベントを

開催することになり

出演して欲しいと思うバンドに

オファーを出していて

ふと、気が付いたことがあります

 

音楽ライブを「ライブ」として

捉えている人と「ショー」として

捉えている人でチケット料金に対する

認識がかなり違うことについてです

 

出演条件としてはノルマ無しで

5名を超えるお客さんからバックありの

バンド側にとってはノーリスクで

ライブが出来る機会となります

チケット代は2,400円+1ドリンクです

 

音楽イベントのフライヤー画像

チケット代にこだわらないバンドの特徴

金額的には都内の相場くらいなので

この条件なら断られる理由としては

スケジュールが合わないとか

それ位だろうなー、と思ってましたが

意外とチケット料金で引っかかる

バンマスの方もいらっしゃいました

 

一方、チケット料金に関して

特に何も言及しない方もいます

「この違いは一体なんだろう?」

とオファーを出しているうちに

だんだんと不思議に思えてきました

 

そしてある結論に達したのです

「ああ、そういえばチケット料金に

こだわらないバンドのライブは

ショーマンシップが強いかもな」

要するに音楽だけでなく見た目や

演出でお客さんを楽しませるライブです

 

音楽ライブをショーとして捉える

自分たちの音楽ライブは「ショー」

音楽だけではない付加価値を

つけているという自負があるので

2,400円というチケット料金について

何の違和感もなく話をすすめて

いけたのではないかと思うのです

 

なのでそういったバンドから

断られる理由はスケジュール的に

難しいというものばかりでした

では自分たちのステージを「ライブ」

と捉えているバンドからの

反応はどうだったのでしょうか?

 

チケット代を安くしたがる心理の裏側

「自分たちのライブで

このチケット代をお客さんに

払ってもらえるとは思えなくて…」

「チケット代がちょっと高いかなー」

・・・など、何というか

全体的に値引き思考なんですね

 

いやいや、アナタたちのステージは

このイベントにふさわしいから

オファーを出しているんですよ(笑)

自信を持っていいと思うんですけどね

 

できるだけチケットは安くしたい

それは裏返すとその金額に見合った

付加価値をつけられていない

という自信の無さの表れです

つまり「音楽」だけでステージを

楽しませようとしているのです

 

赤字ライブを普通にしてはいけません

もちろん純粋にお客さんのために

チケット代はできるだけ

安くしたいという方もいました

ただ、結局のところそういった

バンドは赤字ライブが

普通になってしまってるんですね

 

「音楽で儲けようと思ってない」

勿論、それはそれでいいのですが

赤字ライブは継続性がありません

黒字ならその売上を使って

また他の場所でライブができます

 

その為に集客を頑張るわけです

この良質な音楽が溢れるご時世で

「音楽」だけで勝負しようとするから

チケット料金が高くなった時に

抵抗感や罪悪感といった

メンタルブロックが発生するんです

 

足し算の発想で音楽ライブを考える

今まで色々なライブを観てきましたが

集客力のあるバンドは

ショーマンシップが強いです

お客さん視点で楽しませることを

まず第一に考えています

値引きスタートではないんです

 

チケット料金を安くすれば

お客さんもきっと満足するはず!

という考え方にはなりません

引き算ではなく足し算の発想です

こんな演出したら喜ぶかも…

こんな衣装を着たら面白いかも…

 

あなたがお客さんの立場だったら

どちらのバンドのステージを

観に行きたいと思いますか?

という問いに対して浮かんだ答えが

きっとアナタが本当にやりたいと

思っているバンドの姿だと思います

⇒音楽ライブチケット料金の高い安いを決めるのはお客さんの〇〇です

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク