ライブ会場で配るチラシの集客効果とそこに隠された意外な役割

バンド「トーキングハウス」のライブ予定が書かれた手配りチラシ

ライブが終わった後に手配りチラシを

会場のお客さんに配布している

バンドをたまに見かけます

そして目当てのバンドではなかったのに

当日の会場で仲良くなり

そこから僕と今でも繋がっているのは

ほとんどがそういったバンドです

果たしてこれは偶然でしょうか?

 

今回は手配りチラシに隠された

意外な役割にいついて

考えていきたいと思います

恐らく、配布しているバンド自身は

その日以降の「ライブ告知」をする為に

チラシを配っていると思います

 

それ自体は販促活動として

やるべきことですが

実際の集客効果というのは

なかなか実感できていなかったり

するのではないでしょうか

 

手配りチラシを配布して得られる集客効果

ここでハッキリ申し上げますと

手配りチラシ自体の「集客効果」は

1.000枚配って0コンマ何%の世界です

100枚配って、チラシ効果だけで

次回のライブに1人来てくれたら

超ラッキーと考えていい位です

 

それなら、やらなくていいではないか

と考えてしまいそうになりますが

ちょっと待ってください

先ほども申し上げました通り

目当てのバンドではなかったのに

その日から僕と今でも繋がり続けている

バンドはチラシを配布していました

 

つまり、当日の会場で

僕とバンドメンバーによる会話

すなわち「コミュニケーション」が

生まれたということになります

そしてそこからLINEなどの

アドレス交換をし、今でもお互いに

いつでも連絡を取れる状態にあります

 

ライブハウス「下北沢251」でライブをしているバンド「トーキングハウス」

ライブ終了後にチラシを持って現れたドラマー

2017.1.11

下北沢251で偶然見かけた

「トーキングハウス」というバンドとも

手配りチラシがきっかけで

お互い知り合うことができました

目当てのバンドではありませんでしたが

とても素晴らしい演奏だったので

思わず最前列に行ってしまった程です

 

そしてライブが終わり

次のバンドが出てくるまでの待ち時間

会場のお客さんたちが

手持ち無沙汰にしているような時

「トーキングハウスでーす!」と

演奏を終えたばかりのドラマーが

手配りチラシを持って現れたのです

 

機会があれば少し話をしたいと

思っていた僕にとっては

とてもいいタイミングでした

チラシを受け取ると同時に

「とてもいい演奏でした」と

感想を伝えることができたのです

 

メンバーと話すきっかけが欲しいお客さんの存在

ここが非常に重要です

初めて観たバンドで感動した時に

相手にそれを伝えたいと

実は思っているのに

きっかけがなくて伝えられない

お客さんが会場にいるのです

 

この日、同じくらい感動した

バンドがもう1つありましたが

メンバーと会話をする機会がなく

残念ながらそのバンドの名前は

今はもう忘れてしまいました

(同じように最前列に行って

楽しませていただいたバンドです)

 

もし、その日のライブで

オーディエンスの反応が良ければ

そういったお客さんが

会場に沢山いる可能性があります

だとしたら、演奏終了後に

チラシ等のコミュニュケーションの

きっかけツールを提供すれば

相手の方から話しかけてくるはずです

 

感動すれば人は相手にそれを伝えたくなる

感動した人であればある程

それを相手に伝えたくて

ウズウズしているものです

ましてやそれを当人に

伝えられる機会などというのは

滅多に無いチャンスなのですから

 

そしてそこでLINEやTwitterなどの

アドレス交換をしてしまえば

継続的にタイムラインで

バンド活動の情報もシェアする

ことができるようになります

しかもこちらは紙媒体のような

コストもかけずに、動画や画像の

配信をすることができます

 

もし可能なら個人アカウントで

アドレス交換をした後に

後日、バンドの公式アカウントの

案内もするといいと思います

ライブ告知などは公式をメインにして

いざという時に個人アカウントで

DMを送った方が効果的だからです

※公式と個人アカウントの

使い分けについてはこちらを参照

⇒ライブ告知のタイミングと集客を左右する3つの条件

 

見込み客と継続的な繋がりを作るために

まとめますと

ライブ会場のお客さんと

コミュニケーションのきっかけを作る

ツールを用意しておくことで

相手と継続的な繋がりを持てる

可能性が大幅に上がるということです

 

それは手配りチラシでもいいですし

バンド用の名刺でもいいかもしれません

持ち運びの邪魔にならなくて

バンドの情報を入手できる内容の

ものであれば何でもいいと思います

 

それをバンドメンバー全員でやれば

ライブを重ねるごとに

ロイヤリティ(忠誠心)の高い

見込み客を獲得することができて

ライブ告知の反応も、今より各段に

上げることができるようになります

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク