ワンマンライブを成功させるのに参考となる3つの事例を紹介

先日、久しぶりにワンマンライブの

お誘いメッセージを頂いたのですが

特にコンセプトやミッションを感じず

ニュースバリューも乏しそうだったので

やんわりとお断りさせていただきました

記事になりそうなら行くんですけどね

 

「ライブやります!来て下さい!」

「絶対に後悔させません!」

ライブにかける情熱は伝わってきました

しかし、あと一歩なにかが足りない…

今まで色々なワンマンに行きましたが

行きたくなるようなライブには必ず

「お?」となるような何かがあります

 

1度もライブに来たことの無い人に

足を運んでもらうためには

そういった「何か」が特に必要です

そこで今回は今まで行ったワンマンで

参考になりそうな告知やコンセプトが

あったものを紹介していきます

 

200人を集めたワンマンライブで演奏している場面

ワンマンライブのタイトルに具体的な数字を入れた時の効果

まず、ワンマンライブのタイトルに

「200人」という数字を入れたケース

例えば知人から誘いを受けた時

A:「ワンマンライブやります!」

B:「200人ワンマンやります!」

どちらの方に興味を引かれますか?

 

ほとんどの人がBを選ぶと思います

なぜなら聞いた時点で「え!200人!?」

というインパクトを受けるからです

「この人は200人集めるつもりなのか

かなり気合いの入ったライブだな…」

僕はそんな印象を受けました

 

あとは具体的な数値目標を出すと

ライブをやる本人もそれを達成する為に

やるべきことがハッキリしてきます

・SNSのメッセージで50人

・知人へDMを送って50人

・フライヤー告知で10人…

「ああ!あと90人足りない!」とか

 

数値目標はやるべきことを明確にします

そうすると不足分を補うために

・YouTube動画の告知をやろう

・SNSの動画配信もやろう

・楽曲のPVを作って流そう

といったような他の集客アイデアが

色々と出てくるようになります

 

人数はイメージで構いません

そもそもイメージできないものを

実現することはできませんので

ライブやイベントをやる時に

「具体的な数値目標を設定する」

というのは非常に重要なのです

 

とはいえ、それを宣言するのは

本人にとって相当のプレッシャーに

なることは間違いありません

だからお客さんも応援したくなる

気持ちが芽生えてくるのです

結果的にこのライブで彼は見事に

200人を集めることができました

⇒彼が200人ワンマンライブを成功させた力とは?

 

高知県から都内の遠征ライブをしたバンドを紹介している画像

お客さんの期待をどのように上げるか?

続いて高知県からの遠征ライブを

取材した時のケースです

地元では集客できるバンドでも

他の地域でワンマンをやるとなると

かなりの気合と覚悟が必要となります

この時のライブ告知ではそれを

ひしひしと感じさせてくれました

 

もう、とにかくやれることは

全部やっていました

SNSの記事ではライブまであと〇日

というカウントダウン告知を

3ヶ月以上前からやってましたし

PV紹介や本人からのメッセージ動画

ライブに向けた練習風景…

 

ここまでやってたら見る側としては

「これは凄いライブになりそうだ!」

と期待しちゃいますよね

ここでのキーワードは「期待感」です

どうやってそれを上げていくか?

それが無ければお客さんの「行きたい」

という気持ちは生まれてきません

 

ワンマン成功させる為に意識すべきこと

先ほどの「具体的な数値目標」と

繋げて考えていくべきテーマです

「期待感をどうやって上げるか?」

その為にコンセプトをこうしようとか

ああしようとか練っていくわけです

この順番がハッキリしていないと

告知の説得力も失われてしまいます

 

SNSで色々なバンドやアーティストの

告知を見たりしていますが

それを意識してやっているのは

せいぜい2~3割といったところですね

動員数が伸び悩んでいるとしたら

そこに原因があるかもしれませんよ

 

この時の高知県からの遠征ワンマンも

見事に成功したライブでした

集客面もそうなのですが

遠方からお客さんが沢山きていて

会場の一体感がハンパじゃなかったです

とても熱いワンマンライブでした

⇒「ヒゲンジツシュギ」結成3周年ツアーファイナル

 

300人集めたワンマンライブで演奏している場面

お客さんの期待にどうやって応えるか?

「具体的な数値目標を決めて」

「期待感を上げる方法を考えて」

あと最後に必要となるのは

「期待にどうやって応えるか?」

という当日の演出部分になります

この仕上げで手を抜いてはいけません

 

なぜならここがお客さんの

「リピート」を左右するからです

単発で終わるイベントならともかく

これから何度も開催するのであれば

その日に感動してもらえないと

次は来てもらえなくなってしまいます

 

期待感を上げるだけ上げといて

当日の演出が期待ハズレだとしたら

「2度と来るか!」となりますし

理想としては上げた期待分よりも

上回るものを提供したいところです

そのギャップが感動に繋がります

 

お客さんの反応が見え辛くなってくる人数

集客人数が増えれば増える程

ここは難しくなってくるところです

僕の個人的な感想としては

300人が1つの分岐点だと思います

実際、すごい人数です

会場もパンパンの状態でしたし

盛り上がっている感もありました

 

ただ、300人までいってしまうと

ステージからお客さんの

顔が見え辛くなってきます

満足しているお客さんの声は届きますが

そうでない人も潜在的に増えている

可能性があるということです

 

それをどう解決していくか?

ということを考え続けられるバンドが

集客できて顧客満足の高いライブを

実現できるのではないでしょうか

この時に取材したバンドもきっと

そうなるのではないかと期待しています

⇒音楽ライブで300人動員から先に進むための分岐点

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

Gポイント