音楽活動を続けていくのに必要な「目的」と「目標」の明確化

音楽活動をするにあたり

「何のために?」という部分が

ハッキリしていないバンドや

アーティストは意外と多いものです

もし、そうかもしれないという

心当たりがあるようでしたら

「目的」と「目標」という

言葉の定義が曖昧になっていないか

考え直してみるといいかもしれません

 

例えば「プロになる」

「メジャーでビッグになる」

「音楽で飯を食う」

こういった言葉はよく聞きます

音楽で高みを志す人達の殆どが持つ

共通意識と言ってもいい位です

 

さて、ここで質問です

これらは「目的」でしょうか?

それとも「目標」でしょうか?

若いコにとっては答えることが

少し難しいかもしれません

 

何のために音楽活動をしているのか?

「ワンマンライブで

300人動員を達成する!」

「路上ライブで1日5万稼ぐ!」

これらは「目的」でしょうか?
それとも「目標」でしょうか?

 

こういったことを考えながら

音楽活動をしていくと

自分が活動している理由というのが

段々とハッキリした輪郭を持ってきます

逆に言えば、考えないまま続けていくと

活動しながら、いつしか迷路に

迷い込んでしまうかもしれません

 

「自分はいったい何のために

音楽をやっているのだろうか…」

 

お金が動機のまま続けて辿り着く終着点

プロであれば「仕事のため」

「家族を養っていくため」という

生活がかかっている部分もあるので

より「目的」と「目標」の

線引きが難しいかもしれません

 

もし、プロになって

むちゃくちゃ売れて有名になって

億万長者になったとします

あなたはそのお金を何に使いますか?

豪邸を建てる、豪華な食事

リッチな生活…それもいいと思います

 

周りの人から成功者とみなされ

羨望の眼差しで見られる

想像するだけでも楽しいですよね

人間の本質的な欲求部分でもあります

では、それを達成したとしたら

次は何を目指すのでしょうか?

 

もし、自分の命があと1カ月だとしたら…?

「さらにお金を稼ぐ

もっと、もっと有名に…!」

ここを突き詰めていくことが

果たして自分が音楽活動を

続けていくエネルギーの原点なのか

という疑問が湧くはずです

 

もし、自分の命があと1カ月だとしたら

そのような「目標」を

それでも追い求めていくでしょうか

あの世に持っていけないお金

使い切れない大金

自分が音楽活動を続けてきた成果です

 

この場面を想像した時に

「もっと〇〇しておけばよかったな…」

と素直に頭に浮かんできたことが

あなたが音楽活動を続けていく

「目的」になるかもしれません

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク