定年退職した男がJazzの名曲を聴きライブを決意

夜の中野新橋の街並み

学生生活、卒業、社会人

結婚、そして子育て・・・

大変なことも色々あったけれど

人生での大きなやるべきことは

全てやり遂げた

よくやったじゃないか、俺は

 

そんなことを思いながら

無事に定年退職を迎えたその男は

夜の中野新橋の街を歩いていました

そこでふと、どこかの店から

Jazzの生演奏の音が聞こえてきます

音を辿っていくと、そこにあったのは

「星屑と三日月」というMusic Bar

 

吸い寄せられるように

その店に入り、Jazzの名曲の

演奏を眺めていると、学生時代に

自分がJazzを演奏している姿が

ありありと甦ってきました

 

山岸 友和さんがサックス、高橋 真さんがピアノのjazzライブ

男の胸の内から込み上げる熱い想い

そしてふと思います

「よくやっただって?

じゃあお前はこれから何をするんだ?

もう人生のエンドロールに

入ろうなんて思っているのか?」

 

Jazzの生演奏を聴いていると

男の胸の内から熱いものが

どんどん込み上げてきました

「終わり…これで俺のやるべきことは

本当に終わってしまったのか?」

 

サックスとピアノの音色が激しく交差し

男は思わず両手のこぶしを

強く握っていました

「違う!お前の…お前の人生は

まだこれからだ!そうだろ?」

気がつくと男は、演奏を終えた

2人の若者に声をかけていました

 

銀座tactの前でライブを待つ人達

そしてついに銀座でライブをやることに

2016.11.3

小竹 伸也さんは銀座TACTで

40年ぶりのライブをやる決意をします

この日は実に80人以上もの

友人、知人たちが

この男性の新しいチャレンジの

応援に駆けつけました

 

あの夜、小竹さんは

こう考えることもできたはずです

「いや、しかし俺ももう年だ…

40年ぶりの楽器なんてとても…

それに世間はどう思うだろう?」

 

奥さん、子供たちにも

この想いをうまく説明できるか

どうか分かりません

近所のMusic Barで好きな

Jazzの演奏を聴くだけにとどめておく

という選択もあったはずです

 

80人以上が集まった、銀座TACTでの小竹 伸也さんの40年ぶりのライブ風景

失敗という恐怖に打ち勝った選択

しかし、小竹さんは

「ライブをやる」という選択をしました

色々な葛藤が渦巻く中で

それでも最後にはこう結論します

「ここでやらなければ

俺はきっと、一生やることはない」

 

実際、その通りだったと思います

この「やる」というタイミング

どんな人にも訪れるものです

しかし多くの人は「やらない」という

選択をしてしまいます

そうすれば「失敗」も無いからです

 

何かにチャレンジするということは

もちろん失敗するという

リスクも同時に背負うことになります

その恐怖を制するのは

やはり、小竹さんが最後に思った

強い決意なのではないでしょうか

 

銀座TACTのステージで赤いタオルを首から下げて演奏する小竹 伸也さん

40年ぶりとは思えぬ素晴らしい演奏

その決意の強さを示すかのように

当日は赤いタオルを首にかけて登場

40年ぶりとは思えない演奏を

次から次へと見事に披露していきます

会場の客席では、驚いている

表情をしている人さえいました

 

このライブが無ければ

小竹さんのこの一面をこれから先

ずっと見る機会が無かった

人達もいたはずです

家族ですらそうかもしれません

 

これだけ沢山の人たちを前に

Jazzというジャンルを演奏するのは

とてもプレッシャーがあったに

違いないと思いますが

本当に素晴らしいライブでした

 

銀座TACTのステージで、抱えきれない程のプレゼントをもらった小竹 伸也さん

あの夜の決意が生み出した瞬間

バースデーライブということもあり

この日は抱えきれないほどの

沢山のプレゼントも受け取りました

あの夜の決意が無ければ

この光景も見れませんでした

ここに立ち会えた人達は

非常に幸運だったのかもしれません

 

1人の男が人生の中で

重要な決断を迫られ

それを実際にやってのけた

生の現場を目撃することが

できたのですから

 

このライブが終わりではない

と小竹さんもきっと思っているはずです

これをきっかけに、更に充実した

音楽活動を続けていただきたいと

心から応援させていただきます

(演奏メンバー)

小竹 伸也:Gt/山岸 友和:T.sax

高橋 真:Pf./牛山 健太郎:Ba/山本 貴仁:Dr

⇒小竹さんとの出会いは「星屑と三日月」から始まりました

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク