「星屑と三日月」でJazzが生み出した偶然の出会い

星屑と三日月の店舗の外観

2016.10.7

東京都、中野新橋駅の近くにある

Music Bar「星屑と三日月」

この日、ここでJazzのイベントが

開催されるというお話をいただき

久々にJazzの生演奏を楽しんで

みることにしました

 

出演はDuo「TとMの場合」

お店の前にあるブラックボードには

高橋 真(Pf.)

山岸 友和(T.sax)と書いてあります

毎月開催されている

Jazz Nightというイベントのようです

 

マスターの修司さんとも

久々にお会いしたいと思い

何となく立ち寄ったこのイベントで

まさか、後日にあのような

素晴らしいライブをされる方と

偶然にも知り合うことになるとは

思ってもいませんでした

 

「星屑と三日月」で山岸 友和と高橋 真がjazzライブをしている場面

隣の席の男が打ち明けてきたライブの話

ハロウィンの装飾がされた店内で

山岸さんがJazzの名曲についての

解説をはさみながら演奏していきます

Jazzに詳しくなくても

お酒を飲みながらゆっくりと

楽しめるイベントのようです

 

カウンターテーブルに座り

マスターと近況などについて

久々の会話を楽しみながら

情報交換をしていると

隣の席に座っていた男性とも

いつの間にか打ち解けていました

 

ネイビーブルーのシャツを着た

その男性は、白髪を後ろに流し

上品な口髭をたくわえた

とてもダンディーな方でした

そして、お酒がすすんでいくうちに

あるライブをやることになっている

という話を僕に打ち明けてきます

 

「星屑と三日月」で演奏する小竹 伸也さん

40年ぶりのライブを決意した理由

この方こそ後日、銀座で

「40年ぶりのBirthdayライブ」を

やることになっていた

小竹 伸也さんでした

驚いた僕は、なぜそのような

ライブをやろうと思ったのか

率直に聞いてみることにします

 

「定年退職して40年ぶりに

楽器を触ってみて、何かチャレンジ

できることがあると思ったんだ

それが音楽だったんだよ」

 

カウンターテーブルで

遠い目をしながら、優しく太い声で

小竹さんはとつとつと語ってくれました

視線の先では、40年前の

ライブで演奏している自分の姿を

思い描いているようです

 

「そして、こうも思った

ここでやらなければ、俺はきっと

一生やることは無いと」

 

小竹さんの銀座ライブの招待状

ライブの招待状に込められた熱い想い

小竹さんがテーブルの上に

差し出してくれた1枚の紙

それは知人にライブを

知らせるためのハガキでした

「2016年11月3日 銀座TACT

開場 12:30 開演 13:00」

 

まるで結婚式の招待状のような

そのハガキから、小竹さんの

ライブに向けた熱い想いが

ひしひしと伝わってきます

そして何と、すでに80人以上もの

人達がこのライブに参加する

ことになっていたのです

 

「賽は投げられた

もう後はやるしかないんだよ」

小竹さんの静かな口調には

ライブをやるという揺るぎない

決意が秘められていました

そして僕は、必ずそのライブに行きます

という約束をして店を出ました

⇒そしてついに銀座でのライブをやることに

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク