ジャズと落語コラボ企画の告知オファーが社長さんからきました…が!

このサイトではライブ告知の無料掲載も

お問い合わせから承っているのですが

今回は「このようなオファーがきても

記事にし辛くて困ってしまいますよ」

という内容をご紹介したいと思います

まず、公式LINEのトークに深夜の4時頃

いきなりフライヤー画像が届きました

 

この時点で告知のオファーなのか

取材のオファーなのかすら分かりません

フライヤー画像だけいきなりトークに

ポン、と送られてきても困ります

そして40分後 ≪よろしくお願いします≫

というメッセが送られてきたのですが

情報が少なすぎて対応できません(笑)

 

松下社長から落語とジャズのコラボイベント告知オファーが届いた画面

深夜に届いたライブ告知のオファー

仕方ないのでこちらからいくつか

質問をして確認させていただきました

・ライブ告知のオファーなのか?

それとも取材のオファーなのか?

・取材の場合は本人か関係者からの

オファーしか受付不可の点について

とりあえず最低限の確認事項からです

 

松下社長から落語とジャズのコラボイベント告知オファーが届いた画面

どうやら主催者からだったようです

ということで、オファーを受けたので

先に告知の方からさせていただきます

令和元年10月12日に横浜市の中区にて

音楽と落語のコラボ企画が開催されます

落語での出演は「林家たけ平」さん

JAZZを歌うのは「CHIEKO」さんです

 

松下社長から届いた落語とジャズのコラボイベントのフライヤー

横浜にてジャズと落語のイベント開催

元ファイルではなく写メが届いたので

画像が粗いのはご了承ください(笑)

いや、イベントはとても魅力的で

面白そうだなーと本当に思いましたよ?

主催は(株)松下工業所とあります

このあと名刺の写メも送られてきまして

社長さんからの直々のオファーでした

 

とりあえず現時点で判明した情報は

・フライヤー画像とライブ詳細

・主催者のプロフィール

これだけでは記事にするのに足りません

主催者のイベントにかける熱い想いや

開催するまでの背景などのメッセージを

いただければ最高なのです・・・が!

 

松下社長から落語とジャズのコラボイベント告知オファーが届いた画面
松下社長から落語とジャズのコラボイベント告知オファーが届いた画面

あまりに淡々とした受け答え・・・

超、クールです!(笑)

ただ淡々と1言2言、質問に答えるだけ

こ、これでは全く記事にならない・・・

ということで作戦を切り替えました

本人の熱い想いが分からないなら

ここはもう発想を逆転させてしまって

それをネタに記事にしてしまえ!(笑)

 

SNSのやりとりが苦手なのでしょうね

この音楽と落語のコラボイベントも

今回で6回も開催しているわけですから

主催している熱い想いもあるでしょうし

まあ、それを引き出せなかった僕がまだ

未熟という部分もあると思いますが…

とりあえず告知しましたからね!(笑)

 

【関連記事】

⇒本気で音楽ライブで集客したいなら最低限この3つは必要です

⇒音楽ライブチケット料金の高い安いを決めるのはお客さんの〇〇です

⇒ワンマンライブを成功させるのに参考となる3つの事例を紹介

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

Gポイント