落語会ツアーホテル編!コロナ禍でもベストを尽くして営業する人達

横浜インターコンチネンタルホテルの入口

コロナの影響で様々なイベントの開催が

非常に微妙な時期となっていますが

そんな中でもお店は営業してかなければ

売上が立たず、生活していけません

補助金が出るとしても、一時的なことで

長い目で見れば、この状況でも何とか

していかなければならないのが実情です

 

なぜなら、お客さんのライフスタイルが

この規模で変化すると、コロナ収束後に

元に戻るのに時間がかかるからです

もし外出しない習慣がこのまま続くと…

「外食?家で食べた方が安いじゃん」

「落語?スマホで見れば十分じゃん」

という認識が一般的になってしまいます

 

そんな流れに「待った!」をかけるべく

コロナ対策に細心の注意を払いつつも

お客さんに楽しんでもらえるイベントを

開催することは重要だと思っています

僕がこういった内容の記事を書くのは

そんな中でもベストを尽くして営業する

人達がいることを伝える為でもあります

 

ホテル入口でコロナ対策の検温、除菌をしている場面
ホテル入口で1人1人の検温と除菌をします

ホテル会場での徹底したコロナ対策

そして今回、横浜の豪華ホテルにて

レアな落語会が開催されるとの情報を

ゲットしたので、現地を取材しました!

2020年某日、桜木町駅から徒歩10分の

横浜インターコンチネンタルホテルで

出演は林家たけ平師匠、なな子さん

そして三味線が柳沢きょうさん演奏です

 

もちろんコロナ対策も徹底してやります

入り口にて1人1人検温、除菌をして

会場の椅子もしっかりと離して設置

このあたりはもう必須になりましたよね

お店とお客さんがお互いに協力して

いかなければ安心、安全になりません

安心感のある環境になってたと思います

 

横浜インターコンチネンタルホテルのシルクの会場

ご覧ください!こんな豪華なホテルにて

これから落語のステージが始まります

主催は(株)松下工業所、松下社長です

普段は横浜にぎわい座で開催している

落語会ですが、コロナの影響もあって

今回は貴重な特別編となっています

(※このイベントは新型コロナが

本格化する前に開催されたものです)

 

落語会で南京玉すだれを披露する林家なな子

生で観る落語ならではの雰囲気

まずは、林家なな子さんのステージ

女性ならではの柔らかい雰囲気、口調で

トントンと軽妙に噺を進めていきます

彼女のOL時代の話も聞けて新鮮でした

そして、この日は南京玉すだれまで披露

唄に合わせて、すだれを様々なカタチに

変化させていく妙技を楽しみました

 

ホテルの落語会で噺をする林家たけ平師匠

真打ち!林家たけ平師匠の登場!

そして真打ち登場!たけ平師匠です

生で落語を見るのはこれで3回目ですが

改めて本当にすごいなぁ、と思いました

話の間、強弱、リズム、そして臨場感

酔っ払いを演じる場面があったのですが

本当に酔ってる風にしか見えないんです

実に芸が細かくて、リアルな表現でした

 

音楽ライブもそうですが、落語もやはり

生で観ないと伝わらない部分があります

コロナなんとかならないかなぁ(笑)

このまま映像配信だけのエンタメ業界に

なるというのは寂しい気がしますよね

映像だけでは伝わらないこの空気を

記事と写真でも補完できればと思います

 

【関連記事】

⇒ジャズと落語のコラボ企画で気付いた「リズム」という意外な共通点

⇒ジャズと落語コラボ企画の告知オファーが社長さんからきました…が!

⇒音楽イベントで「人間の5感」を刺激して高い顧客満足を生み出す

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

Gポイント