年齢と共に変化していく音楽を続ける理由

東京都中央区日本橋浜町にあるブックシェルフカフェの店舗外観

音楽を続けていく理由というのは

年齢と共に段々と変化していきます

最初に楽器をはじめた頃は

「ビッグになってやる!」とか

「あの人のようになりたい!」

「モテたい!」といったような

野心の割合が強いのが普通です

 

年を重ねていくとその「野心」が

心の中を占める割合が下がって

「自分の音楽で誰かの役に立ちたい」

「何かの役に立てることをしたい」

という欲求が強くなってきます

 

だからといって野心の部分が

ゼロになるわけではなく

比率、というのでしょうか

例えば10~20代の頃に9割だった

「ワンオクみたいになってやる!」

という音楽をやっている動機が

5割くらいになるといいますか

 

東京都浜町のブックシェルフカフェの店内に飾られた小高朋恵さんのイラスト

自分の音楽で何かの役に立ちたいという欲求

もちろん個人差はありますよ?

30歳、40歳を超えても

ビッグになりたいという夢が

8割、9割の人もいるでしょうし

逆に10代の頃からそんな

「世のため人のために音楽を!」

なんて仙人のように達観して

音楽していたらイカンですよ(笑)

 

2016.12.10

「邑本真司 with The RIVER」の

ライブを見た時にふと思ったことです

東京都浜町「ブックシェルフカフェ」の

会場には小高 朋恵さんの描いた

素敵なイラストがたくさん

壁際の席と棚に並べられていました

そして20年ぶりの稲野さん率いる

「いなのとひら・のとこば」との共演

 

「音楽で人と人をつなぐ」

「音楽と絵で人を楽しませる」

といった空気に包まれたライブでした

20年ぶりの共演というのも凄いです

これってきっと音楽が無ければ

成り立たなかったのではないでしょうか

 

東京都浜町のブックシェルフカフェで演奏する邑本真司 with The RIVER

音楽を続けて自然と辿り着いたカタチ

20年、30年と音楽を続けていくうちに

自然と辿りついたライブのカタチ

とても心地よくリラックスして

楽しませていただきました

この記事はぜひ10代くらいの

音楽をはじめたばかりの

若者に読んでもらいたいものです

 

今は「ワンオク」や「武道館」などを

目指してぜひ、頑張ってください

そして音楽を続けていくうちに

こんなカッコイイ大人にも

なれるんだぞ、という楽しみが

更に増えてしまうわけですから

 

今は分からないかもしれないですが

20年後くらいにきっと

ああ、こういうことだったのかな

と思える日がきっとやってきます

「自分の音楽が誰かの役に立つ」

という素晴らしい体験をする日まで

⇒「邑本真司 with The RIVER」前回の取材記事

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク