イジメ、大切な人との別れ…本当の孤独を知る彼女しかできない音楽

新宿rossoで古崎エンがワンマンライブをしている場面

「残される方の悲しみも

1人でいることの寂しさも

私は分かっているつもりです」

 

2017.9.16 新宿御苑のROSSOにて

シンガーソングライター

古崎(フルサキ)エンさんの

1stワンマンライブが開催されました

その時に彼女が何気なく口にした言葉が

とても印象に残っています

 

怒り、憎しみ、悲しみ

そういった負のエネルギーが

音楽活動の原動力になる場合もあります

例えば、学生時代にイジメられた経験

父親を亡くしてしまったこと

子供の頃に母親から受けた心ない仕打ち

 

新宿rossoで古崎エンがワンマンライブをしている場面

上京するエネルギーとなった負の気持ち

彼女が兵庫県から上京する時の

エネルギーはそういったところから

きていたのだと思います

「見返してやる」「今に見てろ」

今回のワンマン告知の時にも

それについて赤裸々に綴っていました

 

「私の歌を聴いて幸せになって欲しい

そして、泣いていいんだよ

という気持ちはずっと一緒です」

今では周りに共感してくれる人も増え

過去の出来事を伝えることで

自分を表現できるようになりました

 

人前で弾き語りをするようになって2年

きっと色々なことがあったと思います

応援してくれる人もいれば

思うようにいかないこともあり

それでも東京で歯を食いしばって

ここまでやってきました

 

新宿rossoで古崎エンがワンマンライブをしている場面

孤独を知る彼女にしかできない音楽

本当の孤独を知らないと

表現できない言葉や音があります

人の心に迫る「何か」が

彼女の歌詞から伝わってくるのは

今まで数々の痛みや辛さを

乗り越えてきたからだと思います

 

そして聴いてくれる人には

私と同じような想いをして欲しくない

という願いもきっとあるのでしょう

今の彼女からは過去にあった

負のエネルギーは感じられませんでした

 

応援してくれる周りの人や

一緒に音楽活動をしてきた仲間への

感謝の気持ちで溢れています

しかし、このライブをしている時

彼女の祖父は入院中で

もう先が長くないという状態でした

 

新宿rossoで古崎エンがワンマンライブをしている場面

悲しみを乗り越えた人が持つ心の強さ

この年の1月に祖母を亡くし

9月に祖父が緊急搬送されるという

出来事が立て続けにありましたが

彼女は目に涙を浮かべながらも

ライブ中のMCでそれについて話す

心の強さを持っていました

 

孤独を乗り越えた人は優しく

そして強くなることができます

悲しい気持ちを何度も受け止めると

慣れることはありませんが

それを包み込む愛情が

心の中に生まれてくるからです

 

彼女の音楽はそこからきています

「悲しみを乗り越えた先にある愛情」

辛いこと、悲しいことがあった方は

彼女の歌を聴いてみると

先に進めるようになるかもしれません

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コメント: 0