シツレイキャッツ7周年記念ライブ!多彩な変化球で楽しませるバンド

自分たちのバンドの音楽スタイルが

直球タイプなのか変化球なのかを

意識してみると、何か新しい発見や

気付きがあるかもしれません

もちろん直球でも決め球にフォークや

スライダーがあっていいと思います

 

野球の例えだとピンとこない方は

ボウリングでも…ん?

そういえばボウリングといいますと

2017.7.30 荻窪クラブドクターにて

「第5回 ナゴボール」という

イベントが開催されました

 

主催はシツレイキャッツ

ボーカルを務めるナゴさんです

実はこのイベント、ボウリングとは

全く関係の無い音楽イベント

シツレイキャッツというバンドは

実に多彩な変化球を投げてくるのです

 

シツレイキャッツのイベントのフライヤー

フライヤーからお客さんを楽しませる工夫

このようにフライヤーの段階から

変化球を投げてきます(笑)

Facebookで色々な音楽イベントの

フライヤー画像が流れてきますが

これを見た瞬間に思わず

吹き出して笑ってしまいました

 

彼等を初めて見たのは

2016.6.12 神奈川県厚木市にある

サンダースネークでした

バンド名から察するにきっと

「ストレイキャッツのカバーかな?」

と思って足を運んだのですが

蓋を開けてみたらやらないという(笑)

 

アレンジの所々でそういった

部分は見え隠れしていましたが

AKBをやったり、きゃりーぱみゅぱみゅ

やったりと何でもありのステージ

まるでオモチャ箱をブワ~ッと

ひっくり返したようなバンドでした

 

荻窪クラブドクターでシツレイキャッツがライブをしている場面

シツレイキャッツ7周年記念ライブ開催!

まずはシツレイキャッツ7周年

おめでとうございます

この「第5回ナゴボール」は

それを祝う特別なライブでもありました

セットリストもバンドが初めて

ライブをやった時のものだったそうです

 

この日のライブも実に多彩な

変化球を楽しませるステージでした

ギター、ドラム、ベースの

演奏準備が整ったところで

ボーカルのナゴさんが出てこず(笑)

 

代わりに出てきたのはニセナゴ役の

ユウキさんという方で

ギターを持ってドラムとベースの

3ピースでご機嫌な演奏をまずは披露

そして曲が終わると「ピーッ!ピッ!」

と笛を吹きながら本物が登場して

「ナゴ警察」の取締りを開始しました

 

荻窪クラブドクターでシツレイキャッツがライブをしている場面

いい意味でお客さんの期待を裏切るバンド

漫才でいうところの「ツカミ」

「いい意味で裏切る」というのは

実はかなり難しいことです

お客さんの予想を読んで

あえて裏切る、マンネリにも要注意です

それを7年間やってきたこのバンドは

本当にすごいと思います

 

自分たちで変化を加えて楽しみながら

お客さんの方も楽しませていく

最初の曲もエディ・コクラン

「C'mon Everybody」のアレンジで

AKB48の「会いたかった」を歌います

普通にやらないんです(笑)

 

これだけ色々な変化球を投げられる

投手はなかなかいません

7年間、バンドとして確立したスタイル

ぜひこれからもお客さんを楽しませる

変化を見せ続けて欲しいと思います

⇒ここから1年前のシツレイキャッツ取材記事はコチラ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク