ライブでお客さんを飽きさせない演出

神奈川県厚木のライブハウス「サンダースネーク」でシツレイキャッツがライブをしている場面

「楽しさ」に

トコトン欲張りなバンド

それがシツレイキャッツなんだなと

この日のライブ演出を観て思いました

 

2016.6.12

神奈川県厚木市にある

サンダースネークにて

シツレイキャッツの

まさにショータイムが始まります

 

まるで劇団の舞台を観る感覚

ボーカルの伊藤さんが右から左へ

ステージを走り回る、跳ね回る

踊り出す、そして演者と

オーディエンスに絡みまくる

ここまで会場全体を巻き込んで

盛り上げられるボーカリストは

なかなかいないと思います

 

そしてステージングも

飽きさせないように

途中でサプライズを入れたり

色っぽいゲストが出てきたり

ライブ、というより

劇団の舞台を観ているような

感覚になりました

 

神奈川県厚木のライブハウス「サンダースネーク」でシツレイキャッツがライブをしている場面

楽しさをトコトン追求していくバンド

演奏はもちろん素晴らしいです

ただ、そこで終わらない

オーディエンスを楽しませるために

「もっと、もっと」

そんなバンドの飽くなき想いが

ステージに詰め込まれています

 

どうやったら

お客さんを楽しませられるか

どうやったら

自分たちも一緒に楽しめるか

どうやったら

もっといい演奏ができるか

 

シツレイキャッツの

「楽しさ」への

飽くなき追求はこれから

まだまだ続いていきそうです

⇒ここから1年後のシツレイキャッツ取材記事はコチラ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク