「ヒゲンジツシュギ」結成3周年ツアーファイナル

ヒゲンジツシュギが渋谷TAKE OFF7で演奏している場面

喜びも悲しみも

幸せも絶望も全てロックで

ぶちまけて吐き出すような

ステージでした

 

2016.3.11

渋谷 TAKE OFF 7にて開催された

ヒゲンジツシュギ

ベストアルバム全国リリース

結成3周年ツアーファイナル

高知県からの遠征ライブです

 

ヒゲンジツシュギ渋谷TAKE OFF7でのライブ中の宮地克也さんのMCシーン

印象的だったMCのシーン

宮地 克也さん

ここまで内側にあるモヤモヤを

表現し尽くすアーティストは

なかなかいません

その日のMCで印象深かったのが

 

「どうやったって相容れない

存在っていうのがあります

でも、そういうのも含めて

いいものにしていこうって

いうのが大事だと思うんです」

 

人間の光も影も表現するバンド

音楽で「光」の部分を

表現する人はたくさんいます

前向きなメロディー

ポジティブな歌詞

勇気づけられるような歌

 

しかし人間は

「光」だけでできていません

誰しも多かれ少なかれ

「影」の部分を持っています

 

嫉妬、怒り、悲しみ、辛さ

苦しみ、憎しみ、苦悩

 

そういった「影」を

ここまで音楽でさらけ出せる

人はそうそういません

なぜなら、その「影」を

自分の中に取り込まないと

表現できないからです

 

ヒゲンジツシュギが渋谷TAKE OFF7で演奏している場面

アルバムがオリコンチャートTOP10入り

当然、ステージでは見せませんが

ああいった音楽を表現

するということはその裏側で

相当な産みの苦しみを

味わっているはずなんです

 

それほどまでに

ヒゲンジツシュギの音楽は

「影」の部分も隠さず

さらけ出しています

「光」だけではない

人間の真実を映し出す鏡のように

 

それではお聴き下さい

オリコンデイリーチャート

トップ10入りも果たした

ヒゲンジツシュギ

ベストアルバムより「光と影」

※こちら40秒のShort verです

CDのご購入やお問合せは

オフィシャルHPよりどうぞ

⇒ヒゲンジツシュギHP

 

▼Amazonから購入▼

http://goo.gl/WNTvHp

 

◆TOPページへ◆

 

スポンサーリンク

コメント: 0