本家「矢沢 永吉」のライブでピンチのワンマンライブ

千葉県にあるライブハウスANGAの前で、矢沢栄吉コピーバンド「BOSS」を観にきて並ぶ人

2016.8.27

千葉県のライブハウスANGAにて

BOSSのワンマンが開催されました

しかし今回のライブ、集客的に

ちょっとピンチかもしれないと

ボーカルの川村さん(Takuさん)

から事前に打ち明けられていました

 

色々あって、ワンマンの

告知期間が短くなってしまったこと

そして何と、この日の翌日に

山梨県で本家のYAZAWAがライブを

やることになっていたのです

 

常連さんたちはすでに

現地に行ってしまっているとのこと

22年間浮気せず、YAZAWAこと

矢沢 永吉さんをカバーし続けてきた

このバンドはこの日

皮肉にも本家の影響を受けながら

ワンマンを開催することに

なってしまったのです

 

最高のパフォーマンスにこだわるバンド

店内に入ると今回も

客席から見て右側のレンガ壁に

横4m程もあるBOSSのペナントが

堂々と掲げられていて

物販コーナーも賑やかです

そして、少しづつではありますが

開演が近づくにつれて

お客さんの数も増えていきます

 

「まだだ、まだ!」

しかし最高のパフォーマンスに

こだわるBOSSは

ライブでのテンションを最高潮に

持っていくため、この日は

10分押しのスタートとなりました

そしてついにステージ幕が開きます

 

22年間の愛をステージで魅せる!

これぞBOSS

ステージがはじまるやいなや

先程までの不安など

無かったかのような派手な

パフォーマンスを繰り広げていき

オーディエンスを魅了していきます

こういった場面で

このステージングができるのは

やはりベテランバンドならではです

 

22年間、ホントに凄いと思います

バンド経験のある人ほど

この凄さがよく分かると思いますが

色々あったはずなんです

いいことも含めてそうでないことも

そんな中でも音楽、バンド

そしてYAZAWAへの愛が

このバンドをここまで連れて

きたことを思うと、感動すらします

 

千葉県にあるライブハウスANGAでのライブの矢沢栄吉コピーバンド「BOSS」のドラマー

電球と配線に込められた想い

余談ですが、ドラムの後ろにある

この星形の照明、手作りです

Takuさんが電動ドリルで1つ1つ

丁寧に700個もの小さな穴を空け

その後ろに電球と配線が

ビッシリ配置されています

ライブ後の打上げの時

実際に裏を見せていただきました

 

そこにあったのは

ただの電球と配線ではありません

11年前、この照明を作っていた時の

ライブをより良くしたいという想い

そしてこだわりでした

 

もし記事を読んでいるあなたが

今、音楽やバンドを続けるか

どうかで悩んでいる時期でしたら

ぜひBOSSのステージを

見ることをおすすめします

きっと何かいい気付き

そして勇気をもらえることでしょう

⇒BOSSを初めて取材した時の記事はコチラ

スポンサーリンク

コメント: 0