音楽ライブに出演して欲しいバンドに声をかけるタイミングとその方法

音楽ライブで出演して欲しい

バンドに声をかけるタイミングって

なかなか難しいですよね

今までイベントを主催してきた中で

ある程度の目安はつかんだので

この記事でご紹介いたします

 

まず、基本は3ヶ月より前です

(アマチュアバンドの場合)

その理由は大きく2つあります

・メンバーが複数いる場合は

スケジュール確認に時間がかかる

・ライブ当日までにしっかりと

仕上げる練習時間を確保するため

 

例えば5人編成のバンドに対して

1ヶ月前に「出演して下さい!」

というオファーをかけるのは

もはや失礼と言っていいレベルです

5人ですよ?スケジュール調整も含め

バンド練習の時間すら取れるかどうか…

 

直前の出演オファーが失礼な理由

仮に出演が決まったとしても

1ヶ月以内の練習でライブをやって

本人たちが満足できるものに

ならない可能性が高いですし

そもそもバンドがお客さんを呼ぶ

タイミングもありません

 

バンドがお客さんに声をかけるのが

1ヶ月以内というのも

やはり失礼なレベルだと思います

相手にお金を払ってもらい

時間を割いてもらうことに対する

意識の低さを疑われます

 

つまり、主催側が出演オファーを

1ヶ月前にするというのは

出演者とお客さん両方に対して

失礼だということになります

となると遅くても2ヶ月前

余裕を持って3ヶ月前となります

 

やむを得ない場合は相手にしっかり説明

もちろんどうしようも無い場合

というのはあります

例えば出演予定だったバンドが

突然キャンセルになったり

本当にやむを得ない事情で

出演できなくなってしまったり

 

そういう時はその旨を

相手にしっかり説明した上で

「直前の出演オファーが失礼なのは

重々承知しておりますが…」

という姿勢をしっかり示せば

きっと理解してくれると思います

 

バンドに声をかける優先順位

さて、では次に出演して欲しい

バンドに声をかける優先順位

これは悩むところですよね

結論から言いますと

・ライブ活動が多く忙しいバンド

・人気のあるバンド

・8人編成などの大人数バンド

 

この3点に当てはまるバンドには

僕は4ヶ月よりも前に

声をかけるようにしています

なぜなら、そういったバンドは

半年先のライブスケジュールまで

決まっている場合が多いからです

 

もちろん出演して欲しいと思う

気持ちが強いバンドで

イベントコンセプトに沿っている

というのは前提条件です

では、どのように出演オファーを

かければいいかという話に移ります

 

音楽ライブで出演オファーをかける時に相手に見せるフライヤー

出演オファーをかける時のやり方

例えばこれは僕が主催する

イベントのフライヤーの草稿ですが

このように日時、チケット料金

そしてイベントのコンセプトなどが

掲載されていれば、相手にこれを

見せるだけでも大体は伝わります

 

LINEなどのメッセージで

この内容をくどくど説明すると

かなりの長文になるので

相手が理解する時間もかかりますし

バンマスがメンバーに

それを説明する時にも不便です

 

であれば画像を送るだけで

ある程度の内容が分かるものがあれば

双方に便利で時間短縮になります

主催側の立場から言わせてもらうと

バンドから「Yes」「No」の

返事が早くもらえるのは

それだけでもかなり助かります

 

理想は企画書をバンド側に提示

それに加えてこういった

企画書まであればよりグッドです

ここまで用意してあげれば

出演するかどうかの判断材料

としては十分だと思います

もちろん企画書にチケットノルマや

バックなどの項目も載せます

 

僕が重要視しているのは

何よりもイベントのコンセプトなので

最初にそれを説明します

色々な音楽ライブに足を運びますが

それが明確でないと思うものが

けっこう多いと感じているからです

 

ちななみに上記のイベント

「ミュージックプロレスアワーズ」

パクっていただいて全然かまいません

「音楽共同体からパクりましたー!」

とイベントの時に言ってもらえると

宣伝になるので有り難いです(笑)

 

バンドに声をかけるポイントまとめ

では音楽ライブでバンドに声を

かける時のポイントをまとめます

・出演オファーは基本3ヶ月より前

・人気バンドやライブの多いバンド

大人数バンドの場合は4ヶ月より前

・オファーをかける時は

フライヤーの草稿と企画書を用意

 

上記の3つを実行するだけでも

声をかけたバンド側から

「こいつはしっかりしているな」

と思わるでしょうし

仮に断られたとしても

相手との信頼関係ができるので

次回また声をかけやすくなります

 

出演オファーの段階から

イベントはすでに始まっています

バンドが気持ちよく出演できる

環境をしっかり作れるかどうかで

当日のライブをお客さんに楽しんで

もらえるかが決まってくるのです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク