音楽ライブを予約して受付に名前が無かった時の不愉快な出来事

フロントの受付の画像

音楽ライブに行った時、予約したのに

受付に自分の名前がなかった場合の

不愉快な出来事と想いについて今回は

じっくりと書いていきたいと思います

今までそういったことは2回ありました

ユニット「T」のライブを新宿まで

観に行って、それを喰らったのが1回目

 

SNSのメッセージで「予約了解です」

というやりとりをしてたにも関わらず

当日の受付に普通に名前なし(笑)

しかも名簿を見ると20人程度の人数で

どんだけ薄い存在なんだ俺は、と

受付のお兄ちゃんも気まずい感じで

何回も名簿の名前をチェックしたあと

 

「当日料金でもよろしいですか?」

 

「・・・ハイ」としか言えない(笑)

分かります?あの独特の気まずい空気

「お前呼ばれてねーんじゃねーの?」

「ホントに予約したのかよ?」

「いやいや、ちゃんとしましたから!」

という言葉にならない思考会話が

アイコンタクトで繰り広げられるのです

 

11月の渋谷の道玄坂

延期になったチケットの呪い

そしてついに!先週の渋谷で2回目の

洗礼を受けることになりました!

2019年11月、シンガーソングライター

「T」のワンマンの時に起きたことです

またもやイニシャルは「T」・・・

前回は前売りが当日料金になったので

差額が500円程度の被害額でしたが

 

今回はチケット事前購入Ver.です

いや、ちゃんと買いましたよ?

しかし台風の影響で日程が変更になり

開催が1ヶ月以上も延期になったのです

なので、その日のチケットは改めて

会場に取り置きなのかと思ってました

…が!それが災いの種となったのです…

 

受付の女性

鉄壁だった受付ガード

さぁ~、そろそろ会場に到着するぞ~

どんなワンマンになるんだろうな~

と、ここまでの気分はルンルンです

そして会場に着くと、入口では受付に

若い女性が座って待機していました

すでに開演して15分が経った状態です

僕は少し早足で受付前まで行きました

 

【受付の女性】

「お名前をよろしいですか?」

 

【僕】

「坂田、で予約してます」

 

【受付の女性】

「・・・」

~ズラーッと名前の書いてある

名簿を1分ほど入念にチェック~

 

【受付の女性】

「無い・・・ですね」

 

【僕】

「いやいや、1ヶ月以上も前から

予約してるんですよ?」

 

会場では受付が法律でした

すると彼女は延期になったライブの

チケットを僕の前に出しました

 

【受付の女】

「こちらのチケットはお持ちですか?」

 

【僕】

「え!?だってそれ延期になった

ライブのチケットですよね?」

 

【受付の女】

「これが無いと入れませんね」

 

ライブ前に不愉快モード突入

このあたりで僕は「イラッ」ときて

ルンルン気分はすでに吹き飛んでます

 

【僕】

「日付の違うチケット有効なんですか?

てっきり取り置きかと・・・」

 

【受付のクソ女】

「チケットが無いとちょっと・・・」

 

【僕】

「いや、そのチケットは買いました

ほら、ちゃんと購入してあるでしょ?」

 

僕はスマホの画面を見せながら

ちゃんと購入したことを説明しました

 

【受付のクソ女】

「チケットが無いと・・・」

 

siriの画像

怒りのピークを越えると人はこうなる

何なんだ、この女は!

同じ回答しかしない「Siri」か!

もはやライブの気分ではありません

 

【僕】

「え、なに?そしたらどうやって

会場に入ればいいんですか?」

 

【Siri】

「購入するしかないですね」

 

・・・わかります?

この、頂点に達した怒りがスーッと

冷めていって、冷ややかなモノが体の

内側からこみ上げてくるあの感じ?

日本が法治国家じゃなかったら

ちょっとヤバかったかもしれません

 

なんと2枚目のチケット購入!

【僕】

「いくら?(やや巻き舌)」

 

【Siri】

「3,000円とドリンク600円です」

 

このやりとりのあとでライブを

心から楽しめると思いますか?

 

5分で8,600円という音楽ライブ

そして、不愉快モードで会場に入ると

すでに100人以上のお客さんでパンパン

平日で来る時の電車もラッシュなのに

ここでもラッシュかよ、とウンザリ

もはや何に対しても文句しか出ません

バーカウンターも混んでて行けねぇし

ドリンクも取らずに5分で帰りました

 

さて、計算してみましょう

交通費・・・2,000円

チケット代・・・3,000円×2枚

ドリンク代・・・600円

--------------------------------------------

合計・・・8,600円

 

5分で8,600円ですよ、奥さん!?

銀座のキャバクラより高いんですよ?

ここまでくると笑うしかない(笑)

そして当然のことながら帰りの電車も

平日なのでラッシュアワー・・・

混雑だけ喰らって終了の1日でした(笑)

いや!こんな日はもうアレしかない!

 

ガールズバーでオシボリで鶴を折る女の子

ガールズバーでヤケ酒です!(笑)

5分で何もせずに帰る音楽ライブよりも

オシボリで折紙の鶴を折ってくれる

オネーチャンと飲んだ方が楽しい

というのは普通ではないでしょうか?

しかもこちらは1時間あたり3,000円の

飲み放題 (ビールも) つきの料金です

 

ライブチケット料金1枚あたり3,000円

ガールズバーは1時間あたり3,000円

同じ料金設定なのにお客さんの満足度に

ここまで差がつくことも珍しいですね

いや、「T」さんには期待してますよ?

だからこういう記事を書いているわけで

初ワンマンで仕方ないかもしれませんが

 

「T」さんがこの記事の内容を素直に

受け止めて成長するのを信じています

いや、むしろ「実名も出していいよ!」

くらいのタフなメンタル欲しいですね

100人、200人、ライブに集めることが

ステータスになるかもしれませんが

顧客満足とは何ぞや?・・・ですよね

 

【関連記事】

⇒音楽イベントをチームで運営して生まれるアイデアと相乗効果とは

⇒音楽ライブで300人動員から先に進むための分岐点

⇒音楽ライブチケット料金の高い安いを決めるのはお客さんの〇〇です

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

Gポイント