音楽好き30代女性が実は感じているライブ会場での不満と気まずさ

知人の女性がトーキョーコーリングに

参加してきたとのことだったので

食事がてら色々ハナシを聞いてみました

トーキョーコーリングというのは

複数のライブハウスを回って楽しむ

音楽サーキットイベントのことです

 

下北沢(9/16)、新宿(9/17)、渋谷(9/18)

という日程で合計30件以上もの

ライブハウスを12:00~22:00の

時間帯で好きに回ることができます

調べてみたら2016年に初開催されて

今回でまだ2回目なんですね

 

その女性は30代の音楽好きです

DJブースを持っていたこともあり

最近エレアコを手に入れたそうです

渋谷の居酒屋で色々と

ぶっちゃけたお話を聞けました

ライブ中にお客さんが実は感じている

不満というのは意外とあるようです

 

女性Sさんが音楽ライブで感じる不満

「ステージが切り替わる時に

気まずさを感じることは多いですね」

いわゆる転換というやつです

僕はそんなに気になりませんが

音楽好きの女性の中には

そう思っている方もいるようです

 

「何だろう、せっかくだから

その時間を使って何かやって欲しい」

ステージの切り替わりの時は

終わったバンドが撤収作業をして

次がセッティングをしているので

出演者が何かやるのは難しい時間です

 

でもお客さんはその時間で

「気まずさ」「何もすることが無い」

を感じてしまっている!

これは何とかしてあげる必要が

ある部分かもしれませんね

僕が今まで見てきたライブの中には

そこを工夫しているものもありました

 

「あさがやドラム」のステージで「ななかと」の2人が司会と絡んでいる場面

転換中の工夫でお客さんを飽きさせない

【司会者を用意する】

というのは1つの解決策です

転換中の時間を使って出演者の情報を

お客さんに伝えることもできます

画像は「あさがやドラム」ステージです

この日はプロの芸人さんたち

2人が司会進行役を務めていました

 

このライブの時は女性司会者の方が

ノートに出演者に関する情報を

かなり詳細にまとめてきていました

ツイッターでのつぶやきや

ブログの内容などにも触れて

出演者も驚くようなマニアックな

質問をしていたのが印象に残っています

 

セッティングが終わった演者と

司会との掛け合いもできますので

会場のお客さんもそれを見ながら

次のステージを待つことができます

司会者がこのくらい入念に

準備してくれるのは頼もしいですね

 

渋谷wombでのライブの様子

転換を無くすのもアリだけど…

【転換時間を無くしてしまう】

ステージの切り替え時間そのものを

無くしてしまうというのも選択肢です

画像は「渋谷WOMB(ウーム)」

ただしこの場合、メインステージと

サブの2つが無いと実現が難しいので

そこは会場次第ということになります

 

また、転換時間が無いということは

お客さんの立場からすると

隙間なく音楽ライブをやっているので

トイレや物販コーナーに行く

タイミングが難しくなったりします

それによる問題点は下記の記事に

詳しく書いてあるのでご参照ください

⇒音楽ライブである3つの条件を満たすと…転換の時間がゼロなんです

 

ライブ会場に飾られた絵画

ライブ会場自体に工夫を施す

あとはライブ会場自体に

転換中にお客さんが退屈しない

工夫を施すというのもアリですね

例えば画像のように会場の壁に

出演者が書いた絵画やイラストが

飾られていた時もありました

 

会場は祖師ヶ谷大蔵カフェ エクレルシ

絵は「ひさすえ さえこ」さん作です

同じような発想で屋台を用意したり

物販コーナーを目で見て楽しめる

ようにしてあげるのもいいと思います

それでグッズが売れたら一石二鳥です

 

物販コーナーでよくあるのが

ただCD並べて値札はってあるだけとか

売る気あんのかよ、と思う時もあります

ドン・キホーテなどを見習って

売り場の陳列をひと工夫してみると

いい結果につながるかもしれませんよ

 

女性の視点から見たこんなライブの不満

いかがでしたでしょうか

「音楽好き30代女性が実は感じてる

ライブ会場での不満について」

他にもいくつかありましたので

軽くご紹介させていただきます

 

「盛り上げるんだったらちゃんと

お客さんをノレるようにして欲しい

中途半端なのが1番ダメですね」

なるほど!手厳しい!(笑)

確かに知らない楽曲を聞いた時に

どこでノレばいいか分からない

といった場合は多いかもしれません

 

僕などは適当にサビっぽいところで

「イエーイ!」とか盛り上がれますが

きっとそれは少数派です

酒のチカラも入ってますし(笑)

女性からしてみたら演者の方に

そこをしっかりリードして欲しいと

思っている人は多そうですね

 

カッコいいバンドは気付いています

ステージングは経験がモノを言います

上手いバンドはそこを自然と

しかもカッコよくやってのけますが

それはきっと今までやってきた中で

お客さんのそういった気持ちに気付いて

ライブしているからではないでしょうか

 

演奏でいっぱいいっぱいだったり

ガチガチに緊張しているバンドは

お客さんのそういった気持ちに

まだ気付く余裕がないので

反省することも沢山出てきます

それはそれで誰もが最初は通る道です

 

そこでヘコんでまた頑張って

ライブ映像みて振り返って

・・・を繰り返していくうちに

だんだんとカッコいいバンドに

なっていくのだと思います

イカしたバンドは1日にして成らずです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク