飲食店が廃業する大きな理由の1つを実例つきで紹介

飲食店が廃業する割合は

2年以内が約5割、3年以内が約7割

そして10年で約9割と言われています

その理由は色々あると思いますが

大きな原因の1つはコレなんじゃ

ないかなという体験をしましたので

実例にてご紹介したいと思います

 

知人から紹介してもらった

ミュージックバーは開店して

約1年半の比較的新しいお店です

千葉県の津田沼駅から1駅区間にあり

駅から徒歩1分と立地は悪くありません

 

知人に連れられて入店すると

お洒落なバーカウンターがあり

中央にソファが設置されたテーブル席

そして奥にはバンド演奏できる

ステージが用意されていました

 

開店1年半の夢を叶えた素敵なお店だけど…

キャパは着席で20人くらいの

小ぢんまりとした綺麗なお店です

マスターは50代の音楽好きで

自分もバンド活動をやっています

奥さんと2人でお店を経営し

「店を持つ」という夢を叶えた

素敵な空間だなと思いました

 

壁にはギターやベースが飾られ

それらは実際にステージで使えます

僕もフェンダーのストラトギターを

ジャズコのアンプにつないで

少しだけ弾かせていただきました

機材関係は見た感じ全て新品でした

 

となるとお店の開店費用には

これらの金額も上乗せされています

ギター、ベース、ドラムセット

そしてアンプ、PA機材…

普通のカラオケセットもあるので

通信料などもかかるはずです

 

突然やってきた店休のお知らせ

どのくらいの準備金があって

借入金がいくらか分かりませんが

少なく見積もっても数百万円の

開店費用はかかると思います

ドリンクやフードの仕入れもあるので

1日あたりの売上は最低でも

7~10万円は僕なら欲しいところです

 

せっかくなのでマスターに

お店の紹介記事を書きましょうか?

とオファーさせていただきました

開店して1年半というのは

とても大事な時期だと思いますし

お店の認知もまだ高くない状態です

 

お店からの連絡用のLINEグループに

入れてもらっていたのですが

取材の3日前に奥さんから

このような投稿がありました

「主人が体調を崩してしまったので

本日は店休とさせていただきます」

 

何とそこから1週間の店休に突入

まあ1日だけならしょうがないか

と思っていたのですが

その翌日にも同じ投稿が入ります

「まだ体調が良くならないので

本日もお店をお休みいたします」

・・・ちょっと呆気にとられました

 

開店1年半の大事な時期に

お店を2日連続で休みにすることは

世間からのお店の信用に

かなり大きな影響を与えるはずです

その想像力がだいぶ欠けていると

思わざるをえませんでした

 

そして取材日の当日

「今日も良くならないので

思い切って1週間休みをとって

ちゃんと治してから営業再開します」

・・・1週間店休って

世間からは潰れたと思われますよ

 

「知人」と「世間」は違います

もちろんLINEグループでは

「ゆっくり休んで治してね」

「無理しちゃダメだよ」

という言葉がかけられてましたが

知人だからそう言ってくれるだけで

「世間」はそう思ってくれません

 

「あのお店はいつも閉まってる」

「営業時間がよく分からない」

「お店のHPに書いてある内容と違う」

実際、お店の営業時間もHPに

記載されているのと1時間違いました

 

最近になって開店時間を変更して

ホームページを更新していないのです

これも「世間」からの信用を落とす

大きな要因になると思います

18:00から開店とHPにあるのに

行ったらやってないわけですから

 

飲食店の生き残りを難しくする商売感覚

体調不良は仕方ないにしても

1週間お店を休みにできてしまう

「商売感覚」が飲食店の生き残りを

難しくさせているのだなと感じました

「世間」と「知人」を混同して

営業しているとこうなります

 

もちろんお店に来てくれる

お客さんの多くは知人だと思いますが

そこから客数を伸ばそうとするなら

新規を開拓してリピート率を

上げていかなければなりません

その努力が感じられませんでした

 

広告をうつなりHP工夫するなり

店内にフライヤー置くなり

パッと見で分かる集客への姿勢は

分かる人には分かります

「あ、このお店がんばってるな」

と心のどこかで感じているはずです

 

経営者の高齢化も大きな要因の1つです

経営者の高齢化というのも

大きな要因の1つだと思います

やはり体を壊しやすい年齢になると

こういったケースは増えるでしょう

そして飲食店でオーナー経営だと

それがダイレクトに売上に響きます

 

そうすると経営や集客のことを

考える時間がとれなくなり

悪循環になる…これを繰り返すうちに

再起が難しい経営状況に

なっていくのではないでしょうか

 

それを避けるには広告を学び

新規をリピート客に育てるシステムを

1日でも早く作り上げることです

10年以上つづいている飲食店には

地道な努力の積み重ねによる

そういった仕組みがきっとあります

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク