ピッキングとストロークの角度を変えるだけでギターの音は変わります

若いコたちの演奏を見ていると

ピッキングやストロークの角度を

あまり意識していないのかな?

という場面があったりします

特に初心者の女の子に多いですね

両方を外向きにしてしまって

音が先細ってしまっていることが

 

この記事ではそれらを大きく

「垂直」「内向き」「外向き」

という表現で説明させていただきます

一応、補足いたしますと

ギターのネックに対して内向きか

外向きかという意味となります

 

ギターのピッキングの角度が垂直の状態

ピッキングは垂直が基本形です

まず、ピッキングの角度が垂直

これが基本形となります

ギターを始めたばかりの方は

とりあえずこの角度を意識して

練習するのをオススメします

変なクセがついてしまうと

後で直すのが大変になりますので

 

ギターのピッキングの角度が内向きの状態

音の輪郭がハッキリする内向きの角度

ではピッキングの角度を

ネックに対して内向きにしてみます

実際に鳴らしてみると分かりますが

音の輪郭、いわゆる音のツブが

太く、ハッキリしてきます

これはベースでも同じですね

 

あまり内向きにし過ぎると

弾き辛くなってしまいますので

ちょうどいい角度を自分で見つけて

練習していくといいと思います

慣れれば意識しなくても

自然と使い分けられるようになります

 

ギターのピッキングの角度が外向きの状態

音はボヤけるが弾きやすい外向きの角度

そしてピッキングの角度を

外向きにしてみた場合はもちろん

内向きと逆で音が細くなります

この角度のメリットは

速弾きのギターソロを弾く時などに

演奏しやすくなることです

 

立った姿勢でギターの位置を

下の方にしている人は

垂直、内向きは弾き辛いので

外向きで弾いてる場合が多いですね

ただその代わり、音の輪郭が

ボヤけて細くなってしまいます

 

生音だと分かり辛いですが

アンプを通して音量が大きくなれば

その差はどんどん大きくなります

「音のはじまり」である

ピッキングの角度は超重要です

 

ギターのストロークの角度が垂直の状態

ストロークの角度も同様です

ストロークの角度も同じですね

基本形は垂直にジャラーンと鳴らして

内向きにすれば音が太くなりますし

外向きにすれば細くなります

つまりピッキングとストロークの

角度の組合せだけでも

 

ピッキング【垂直】

(A)ストローク内向き

(B)ストローク垂直

(C)ストローク外向き

 

ピッキング【内向き】

(D)ストローク内向き

(E)ストローク垂直

(F)ストローク外向き

 

ピッキング【外向き】

(G)ストローク内向き

(H)ストローク垂直

( I )ストローク外向き

 

なんと9種類もの音色を

作り出すことができてしまうのです

この中で最も音の輪郭と太さが

強くなるのは(D)となります

 

ギターのピッキングとストロークを内向きの角度で弾いた状態

自分の弾いている角度を意識する

例えば「外向き/外向き」を

曲調に合わせて意識して

演奏しているならいいのですが

そうではなく単に「クセ」で

そうなっている人も多いです

 

その場合は練習の時に少しずつ

意識して直していった方がいいです

先日、アコギの弾き語りでそれを

やっている女の子がいましたが

一生懸命だけに勿体ないと思いました

 

使い分けて表現の幅を大きく広げる

サビの部分や曲の盛り上がりたい

ところで「内向き/内向き」に

切り替えたり、静かなところは

ストロークを外向きにしたりと

使い分けられるようになれば

表現の幅がかなり広がっていきます

 

たかが角度、されど角度

ギターを20年以上やっていますが

ここの重要性はやればやる程

実感が強くなっていきます

これを初めて世間に広めたのは

プロデューサーの佐久間 正英さんです

 

ジュディマリやボウイなども

手がけた名プロデューサーですね

残念ながら2014年1月に

胃ガンで亡くなってしまいましたが

その影響力は今でも絶大です

 

角度を変えるだけで音は変わります

僕が高校生の頃に「GiGS」という

音楽雑誌でこの内容を読んだ時

とても感銘を受けたのを覚えてます

ピッキングの角度だけで

ここまで音を変えられるんだと

 

20年以上ギターを弾いてきて

今でもその気持ちが変わらないので

今回、改めて記事を書きました

ピッキングとストロークの組合せで

僕なりの解釈とはなりますが

世のプレイヤーの参考になれば幸いです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

Gポイント