今の若い世代の演奏力が上がった3つの大きな要因

こういったサイトを運営するように

なってから、色々なライブを

観に行くようになりましたが

改めて今の若い世代のライブ

10~20代くらいの楽曲や

演奏力、演出などのレベルが

昔よりかなり上がったなと感じます

 

僕が大学生の頃

もう20年くらい前になりますが

当時は「当たり」ライブだったら

ラッキーで、もちろん素晴らしい

バンドもいたのですが

ボロボロで、とても聴くに堪えない

ものの方が圧倒的に多かったです

 

ライブへ取材に行った時に

同世代か僕より上の世代の方と

そういったお話をしても

やはり同じような感想を持っているので

今の若い世代の演奏力が

この20年で各段に上がったのだと

皆さん実感しているようです

ではその要因は何なのでしょうか?

 

音響機器の発達に伴う「音」へのこだわり

まず、これは直接的な技術とは

関係無いのですが

エフェクター類の音質が

昔より遥かに良くなったことが

1つ挙げられます

特にマルチエフェクターなどです

(ギターやベースに繋げて

色々な音を演出できる音響機器)

 

昔のマルチはそれこそ

音を聴いただけで「ちゃちい」ものが

多かったですし、ホントにお金を

かけないと、ちゃんとしたものは

なかなか手に入りませんでした

10万、20万円クラスなどザラです

 

それが今や数万円で

当時の10万円クラスのよりも

「いい音質」のものが手に入ります

つまり、そういったエフェクターを

使える人口が増えたということ

それはすなわち、音作りに関して

こだわりを持つ人が増えたことに

繋がったのではないかと思います

 

どんなに演奏が上手くても

音作りの時点で失敗していると

ライブは台無しになります

爆音になればなるほど

失敗した音作りのサウンドが

客席に響き渡るわけですから

考えてみると、昔のバンドは

これが多かったような気がします

 

Youtubeに溢れる良質な教材で練習

そしてもう1つの要因は

教材の充実が挙げられます

昔はいわゆる「教本」を見ながら

ギターやベースの練習を必死に

やっていた人が多かったです

イングウェイの速弾き講座の

DVDを見ながら「できねーよ!」と

もがいていたプレイヤーも

沢山いたのではないでしょうか

 

それが今やYoutubeに良質な教材が

アップされるようになりました

お金をかけずに好きな動画を

何度でも再生しながら練習できる

これは大きいと思います

しかもDVDより手軽に再生できるので

反復練習の時間も増やせます

 

好きなアーティストのライブを

見ながら「こうやって弾いてたんだ」

という気付きにもなりますし

実際に「目で見て」「音を聴いて」

手軽に練習できる環境が整った

これが要因としてメインだと思います

 

自分の演奏を客観的に聴ける環境

そして上記に伴い

自分の演奏を撮影して手軽に

聴くこともできるようになりました

上手い人というのは

後で自分の演奏をチェックします

 

なぜなら、弾いていた時の感覚と

後で客観的に聴いてみた時に

ギャップがあるのが普通だからです

弾いていた時には「よし!できた!」

と思っていても、実際に聴いてみると

「あれ・・・?」という経験をした方も

多いのではないでしょうか

 

それを繰り返すうちに

そのギャップが段々と小さくなります

それはすなわち、自分の演奏を

「主観的」かつ「客観的」に

聴けるようになってきたということです

上手い人はこの感覚を持っています

 

Youtubeやツイキャスなどで

自分の演奏を公開する機会が

増えたことで、その感覚が

自然と身についた若い世代も

増えたのではないかと思います

 

今の若い世代の演奏力が上がった要因

まとめますと

今の若い世代の演奏力が上がった

3つの大きな要因は

・音響機器の発達により

音作りにこだわりを持つ人口が増えた

・「目で見て」「音を聴いて」

手軽に練習できる環境が整った

・自分の演奏を公開して

後でチェックできる機会が増えた

 

演奏力が上がるというのは

「耳が良くなる」ことです

細かいニュアンスの音を

聞きわけられるようになり

どのサウンドが心地よく響くのか

音量を上げた時にどうなるのか

 

そういった細かい部分が

分かるようになってくると

自分の演奏にもそれが自然と

反映されるようになってきます

つまり、今の時代「耳のいい」

若者が増えてきたということですね

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク