Duck DuckGoというプライバシーを守る検索エンジン

Duck DuckGoの検索画面

Duck DuckGoという検索エンジンを

ご存じでしょうか?

Googleがユーザーの検索情報を

追跡して精度を上げるのに対し

こちらはそれを保存しないことで

「プライバシーを守る」というのが

売りの検索エンジンです

 

会社の設立は2008年

iPhoneのSafariに検索エンジンとして

搭載されたのは2014年に

iOS8がリリースされた時です

・・・ということは?

はい、今あなたがお持ちのiPhoneで

すぐにその設定ができるということです

 

Safariの検索エンジン選択画面

Safariで検索エンジンを選択する

設定→Safari→検索エンジン

と進んでいくとこのように

4つの検索エンジンから選べる

画面になります

最初にこれを知った時

正直、「なんだこりゃ?」と思いました

 

・Google(分かる)

・Yahoo(分かる)

・Bing(使わないけど分かる)

・DuckDuckGo(?????)

という感じです(笑)

とはいえ、Yahooは2010年から

Googleのシステムを採用しているので

選択肢は実質3つみたいなものです

 

BingはMicrosoftの提供する

検索エンジンで、何だかビル・ゲイツに

見られている感があります(笑)

なのであまり使っていませんが

GoogleとYahooでも

そんなに変わらないんですけどね

 

検索する度に追跡されている我々の情報

要するに我々は

検索する度にその情報を

追跡されているわけです

検索ワードに何を打ち込んだのか?

どんなサイトにアクセスしたのか?

サイトの滞在時間はどの位か?

 

などなど、想像を超える

詳細なデータが保存されています

Googleであれば

ユーザーの検索履歴のデータを

9ヶ月間保存しているわけですが

それが実際に削除されているかなど

普通の人に確認できる術はありません

 

とはいえ、そのおかげで

精度の高い検索結果を我々が

享受できているというのも事実です

もしそれが無ければ

今のように「ググる」という

言葉も生まれなかったと思います

 

検索の巨人に立ち向かうアヒル

その点でDuck DuckGoは

Googleが絶対にやらないことを

やることで、その存在感を示しています

検索の巨人に立ち向かうアヒル

といったところでしょうか

 

それでもSafariの検索エンジン候補

として採用されているので

他にもプライバシー保護が売りの

検索エンジンはありますが

Appleのお墨付という安心感があります

ではそのスペックはといいますと…

 

Duck DuckGoで検索した時の画面

機能には不便を感じることが多いです

試しに知り合いのブロガー

「おっさんガッツ」という人の

検索をしてみます

Googleではその人のサイトが

1位に表示されますが

Duck DuckGoだと下まで探しても

・・・見つかりませんでした!(笑)

 

これには原因があります

まずGoogleはパーソナライズ検索

というシステムを採用しているので

その人の履歴から1人1人の

ニーズに合うような検索結果が

表示されるようになっています

 

そしてDuck DuckGoの場合

ユーザーを追跡しないポリシーの為

そういったことができません

なのである意味、この結果は

仕方がない部分もあります

 

Duck DuckGoで検索した時の画面

自分のプライバシーは自分で守る

ブログのタイトルを入力すると

このようにちゃんと表示されます

要するに、ブロガーの名前とか

サイトの手掛かりとなる

キーワードから思うような

検索結果が得られにくいということです

 

あと、Googleに慣れていると

動作が遅いと感じます

そこらへんの不便は受け入れて

便利をとるか、プライバシーをとるか

どちらか選ばないといけません

 

自分のプライバシーは自分で守る

という観点から、僕は検索エンジンは

ケースバイケースで使い分けた方が

いいのではないかと思います

少なくともGoogle、Yahoo、Bingを

使っている時には、常に見られている

という意識は持つべきです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク