Googleの立場に立って物事を考えられるようになる本

究極の検索エンジン対策って

結局のところGoogleの立場に立って

モノゴトを考えてみるというところに

落ち着くのではないかと思います

毎日、何十億人という人たちが

検索やクリックをしていて

その中で相手が求めている

有益な情報だけを検索の上位に

表示させたい・・・

 

「グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ」の本の画像

Googleを内部の視点から書いた本

という彼等の気持ちを理解するのに

この本が非常に役立ちます

「グーグル ネット覇者の真実

追われる立場から追う立場へ」

Google創業から世界を席巻する

検索エンジンへと変貌を遂げる過程を

内部の視点から著者が書いています

 

超絶秘密主義のGoogleを

このように内側の視点から見れる

という点で非常に貴重な本です

著者のスティーブン・レヴィという方が

30年以上にわたって多数の

IT企業を取材してきた人で

 

Googleの社員達が日本の秋葉原で

買い物をしているのを見て

彼等がどのようにモノゴトを考えて

どのように世界を見ているのか

というのを内部の視点から本を

書いてみてはどうか、と思ったのが

きっかけだったようです

 

Googleに最も影響力のある2人

やはりGoogleにとって最も

影響力の高いのが、創業者である

ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンです

この2人の考え方やものの見方を

知ること自体が検索エンジン対策

といえるのではないでしょうか

 

「ユーザーは常に正しい」

というユーザビリティについての

考え方はペイジが影響を受けた本

「誰のためのデザイン?

認知科学者のデザイン言論」

からきています

 

「Googleの野心」

世界をより良くするためには

発明以外にも多くのことに

手を染める必要がある

とペイジが考えるようになったのは

エジソンに匹敵する才能を持ちながら

無名のまま世を去った

ニコラ・テスラの伝記からの影響です

 

そしてブリンはロシアで生まれ

4歳の時に家族に連れられて

米国に移住、19歳で

スタンフォードに入り

史上最年少で博士課程に進学

Googleの数学的思想は

彼のこの才能からスタートしています

 

設立当初の困難を乗り越える背景にある信念

そしてそこから

自分たちと同じような才能の

頭脳集団を集め

2人だけではできない

プロジェクトやソフトの開発を

次々と進めていきます

 

当然のことながら

資金面、技術面などで設立当初は

様々な困難があったようですが

それを乗り越えていく様子も

彼等が検索エンジンでどうありたい

という姿勢と信念を知るのに

とても有益な情報です

 

それでは最後にペイジの野心を

端的に表したこの表現より

「真の意味での失敗は

野心的な課題に挑戦しないことだ」

 

スポンサーリンク

コメント: 0