音楽に演劇を加えた総合演出ライブ

夜の新宿の交差点風景

「僕、今のバンドは少し

置いておこうかなと思ってるんです」

新宿の居酒屋のテーブル席で

いっぺいはビールジョッキを片手に

おもむろにそう切り出した

 

この日はツキミタイヨウの

ギターボーカル、いっぺいと

あの名曲「アイロニー」を

スタジオで一緒に合わせて遊ぼう

ということで、20歳のドラマー

郷クンと3人でセッションをしていた

 

その帰りに飲みにでもいくかと

適当にそこら辺の居酒屋に入り

さっきまで風俗やらオッパブの話題で

盛り上がっていたところである

男3人の会話は一転して

シリアスな空気に変わった

 

ツキミタイヨウのギターボーカル「いっぺい」のライブ中MCシーン

新しいバンドを熱く語るいっぺい

ちょうど先日の2016.6.25に

吉祥寺のPlanet K で

初のワンマンライブを成功させた

矢先のハナシである

これからというバンドなのに

一体なぜ、彼がそう考えるのか

最初は分からなかった

 

「メンバーが結婚したりして

バンドのフットワークが重くなって

きちゃったんですよね」

確かに結成5年を超えて

それぞれのメンバーもいい年齢に

なってきた頃である

 

「だったらもっと新しいことを

スピーディにやりたいと思いまして」

そして彼は新しくはじめた

モノガタリピクチャーという

バンドについて語りはじめた

 

下北沢「ろくでもない夜」の店の前

モノガタリピクチャーのライブを取材

2016.11.12

下北沢の「ろくでもない夜」にて

そのバンドのライブがおこなれた

ライブハウスの前に置いてある

ブラックボードには

「モノガタリピクチャー

イベンジャーズ、藤森キミカ」の

合同企画と蛍光ペンで書かれていた

 

ゲストにRADWINPSのMVや

GLAYのオープン映像を制作

SEKAI NO OWARIの

キャラクターデザインなどを

手がけている水江 未来 氏を

迎えてのコラボイベントのようである

 

以前から思っていたが

いっぺいの人脈はなかなか幅広い

声優、女優、構成作家など

アートに関する色々な人との

繋がりを持っている

モノガタリピクチャーの演出も

まさにそれを反映するものだった

 

下北沢「ろくでもない夜」でライブをしているモノガタリピクチャー

音楽に演劇を加えた総合演出ライブ

女子高生に扮した2人の声優が

ストーリーを展開し、それに合わせて

バンド演奏が進行していく

これに更にストーリーを読みあげる

男性の語り手、出演者が加わり

合計7名での音楽、演劇

そして水江 未来 氏のアニメーション

による総合演出が展開された

 

なるほど、彼が今やりたかったのは

こういうものだったかと納得した

正直、ツキミタイヨウという

バンドをもっと続けて欲しいという

気持ちが若干あったが

これを見て、新しいコンセプトへの

チャレンジもぜひ続けて欲しいと

素直に思ったライブだった

 

バンドを続けていくと

自分のやりたいことに枝葉が

ついていくのは自然なことである

それを実現するための

フットワークの軽さ、そして人脈を

彼は最大限に活用していた

⇒ツキミタイヨウの初ワンマン取材記事はこちら

スポンサーリンク

コメント: 0