ベース脱退!バンド解散の危機!?

「ベース脱退!バンド解散の危機!?」のタイトル画像

社会人メタルバンド

Sea Below Meのギタリストであり

バンマスの岩上さんより

「ベースが脱退したので

メンバー探しを手伝って欲しい」

とのオファーがありましたので

ご相談に乗らせていただきました

 

千葉駅から徒歩10分

京成千葉中央駅から徒歩3分の

場所にあるMusic Bar

「エイトビート」にて

22:30に待ち合わせをします

 

千葉県にあるMusic Bar「エイトビート」の店内の様子

まずはバンドの状況と緊急性を確認

ちょうどこの日のイベントが

終わる頃に僕が到着して

ビールとツマミを適当に頼んで

カウンター席でしばらく待ちます

マスターのオサダさんとも

久々にお会いすることができました

 

そして、10分後

バンド練習を終えた岩上さんが

やってきて、実際にバンドが

どのような状況かお話を

聞かせていただくことにしました

 

まず、今はとにかく

ベースが必要だということ

このままではバンド活動の

メドが立たないので、すぐに何とか

しなければならない状況とのこと

 

緊急事態をPRしている画像

非常にせっぱ詰まっている様子で

お話されていたので

落ち着いて、少しづつ具体的な

部分を聞いていくことにします

 

Q:「メンバー募集はどのように

されているのですか?」

 

A:「メンボサイトでとにかく

メッセージを送っています」

 

Q:「反応はどうですか?」

 

A:「毎日チェックしてるのですが

ほとんど同じ人ばかりで

返信が無いことがほとんどです」

 

Q:「ベースなら誰でもいいと

いうわけではないんですよね?」

 

A:「はい、ただそこまで

ハードルは高くしていないので

なぜ見つからないのか・・・」

 

バンドメンバーを探す時によくある本人の頭の中にあるイメージ図

意識していない「見えないハードル」

聞いていくと

岩上さんの頭の中のイメージは

こんな感じかなという印象でした

これならベーシストが10人いれば

1人位すぐに見つけられそうです

しかし、現実はそうなりません

そこにジレンマを感じて苦悩します

 

実はこういった場合

本人が意識していない

「見えないハードル」が

存在していることが非常に多いです

お話をしていくうちに

そのハードルが段々見えてきました

 

・千葉市内で練習できること

・練習は月に3回のペース

・楽曲はオリジナル

・趣味だけどバンドとして

世界を目指して活動していく

・候補者は他メンバーの

厳しい選定を更に受ける

 

聞き終わった後の僕の感想としては

「ハードル高っ!」でした(笑)

 

バンドメンバーを探す時の実際のハードルの高さを表現した図

ハードルを自覚して得る気付き

これらのハードルを自覚した上で

メンバー探しをすれば

今やっていること以外にも方法を

探さなければならないという

発想に自然と繋がっていきます

もちろんメンボサイトでの

募集も同時進行です

 

いくつかご提案させて

いただきましたが、この条件ですと

まず、会って音合わせをするまでの

道のりが遠すぎると思いましたので

 

≪A案≫

Sea Below Me主催のメタル好きが

集まる交流会を開催して

人脈を広げてメンバー探しをする

 

≪B案≫

メンバー探しを年内までと決め

その期間中はレコーディングを

メインとして活動していく

 

≪C案≫

現メンバー間でのパートチェンジ

(例えば岩上さんがベースを弾いて

ギタリストを探す など)

 

「選択肢を増やす」という文字をアピールした画像

僕としてはA案推しだったのですが

岩上さんはB案を採用する方向で

動いていくそうです

募集の方法は色々ありますが

まずは自分に「見えないハードル」

があるかどうかの意識をしてみて

他に何が必要かを考えることから

はじめてみてはいかがでしょうか

 

スポンサーリンク

コメント: 0