音楽イベントで100円タコ焼き販売!お客さんの反応は!?

音楽ライブやイベントにおいて

売上を決定する要素は主に4つあります

【客滞率】…お客さんの滞在時間

【回転率】…お客さんの入れ替わり

【販売個数】…商品の販売個数

【売上単価】…商品1つあたりの単価

 

例えば駅前にある1000円カットの床屋

といったような単価の安い商売であれば

いかにお客さんの入れ替わり

つまり回転率を上げられるかどうかが

売上アップのポイントになります

 

逆にネットカフェなどの場合は

客滞率、お客さんの滞在時間を増やして

時間料金やフードなどの売上を

伸ばすことに力を入れるのが普通です

 

渋谷wombでのライブの物販ブース

タコ焼き破格の100円販売で客滞率アップ!?

2017.7.31 渋谷WOMB(ウーム)にて

開催された「カミカゼロックフェス」

破格の100円でタコ焼きや

唐揚げなどが販売されていました

採算度外視で客滞率を上げよう

という意図が見えてきます

 

前回の記事で転換の時間を

ゼロにしたことについて書きました

⇒音楽ライブである3つの条件を満たすと…転換の時間がゼロなんです

少し気になっていたので

後日、主催の原口 涼さんに

このタコ焼きの行く末などについて

色々とインタビューしてみました

 

イベンター原口 涼クンに新宿の居酒屋でインタビューしている場面

原口さんにタコ焼きについて質問!

【坂田】

「タコ焼きが100円でしたが

実際の販売はどうたったんですか?」

 

【原口さん】

「いや、実は…あまり売れず」

 

【坂田】

「100円ってかなり安いと思いますよ」

 

【原口さん】

「転換の時間が無くなったことで

お客さんが買うタイミングを

無くしてしまったようなんですね」

 

【坂田】

「あ~、なるほど

確かにずっと演奏中の状態でしたね」

 

【原口さん】

「はい、売る場所を間違えました

そこは今回の反省点ですね」

 

渋谷wombでのライブの様子

改善を積み重ねてより良いイベントに

実際、ライブ会場で演奏中に

トイレに行ったりドリンクを

取りにいく人というのは少ないです

やはり演奏中なので申し訳ない

という気持ちも出てくると思います

 

そういった点で今回の

客滞率を伸ばす工夫というのは

改善の余地があったということでしょう

会場も広かったので

演奏中に売り子が移動販売をしても

よかったかもしれません

 

こういったことを積み重ねて

より良いイベントになっていきます

原口さんは自分自身で

フィードバックや反省点を

すでにしっかりと持っていたので

更に素晴らしいものを作れると思います

⇒ここから1年前の原口さんイベントの取材記事はコチラ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク