アースシェイカーのマーシーさんと夢の共演企画ついに実現!

千葉県のライブハウスANGAの入口

もしも、あのころ大好きだった

アーティストと一緒に演奏できたら…

 

もしも、ハードロックバンド先駆けの

あのバンドのボーカルと共演できたら…

 

もしも、アースシェイカーのボーカル

マーシーさんとステージに立てたら!

…最高だとは思いませんか?

まさか、そんな企画あるはずがない…

実は千葉のライブハウスであったんです

そんな夢のような共演企画が

 

ライブハウスANGAのリハ風景

アースシェイカーという伝説的なバンド

2017.6.11 千葉県ANGAにて開催された

結成27年目を迎えるGENERATION GAP

主催企画「Maniac Night Vol.16」

この日は何と、特別にリハの時間から

会場に入れていただきました

 

大人バンドマンにとって

アースシェイカーというバンドが

「特別な存在」という方も

多いのではないでしょうか

1980年代から日本のハードロック

メタルというジャンルを切り開いてきた

もはや伝説的ともいえる存在です

 

80年代ですよ?

松田 聖子さんが「青い珊瑚礁」を

歌っていたような時代です

まだHR/HM(ハードロック/メタル)

という文字すら日本ではそんなに

認知されていなかったと思います

 

ライブハウスANGAのリハでアースシェイカーのマーシーさんが会場入りした場面

ついにマーシーさんの会場入りを生で目撃!

そんなバンドのボーカリストの

リハ会場入りを目撃した瞬間

どうやってその興奮を

抑えることができるでしょうか

歓喜、感動、そして緊張感が

入り混じった空気に現場は包まれました

 

この日はGENERATION GAP

Blue Roseの2バンドが演奏した後に

マーシーさんのソロ弾き語りがあり

最後にアースシェイカーの曲を

一緒にセッションするという流れです

 

皆さん最初は緊張でガチガチでしたが

曲が終わってマーシーさんが

「グッド、グッド、大丈夫よ」

と気さくな笑顔で声をかけていくうちに

段々と会場の空気が和らいでいきました

 

ライブハウスANGAでオープン前の乾杯と挨拶をする場面

オープン前におこなわれたセレモニー

そしてオープン前の乾杯と挨拶が

GENERATION GAPギタリストの

マサさんとライブハウス店長により

取り仕切られました

セッションのみ参加する人も多いので

会場には演者だけで20人位います

 

この時のビールジョッキを持っての

乾杯がマーシーさんにとって

かなり印象的だったらしく

「最初の挨拶でじゃあ乾杯って

はじまる千葉独特の雰囲気

楽しいかぎりでございますよ」

と嬉しそうにMCで言っていました

 

「出逢い歌」というタイトルで

全国アコースティックライブをしている

マーシーさん、色々な地域の空気を

きっと肌で感じているのだと思います

開店前の乾杯に違和感を感じなかった

僕は千葉に住んでおります(笑)

 

千葉県ANGAでBlue Roseが演奏している場面

最初の出演バンドはBlue Rose

オープニングアクトは

浜田 麻理のトリビュートバンド

「Blue Rose」

80~90年代のナンバーを演奏し

華やかなステージで会場を盛り上げます

 

千葉県ANGAでGENERATION GAPが演奏している場面

27年間の歴史ある主催バンド

そして今回の企画を主催した

GENERATION GAPがそれに続きます

さすがにベテランバンド

オリジナル曲を次々に演奏しながら

会場のお客さんを巻き込んでいく

ステージパフォーマンスが見事です

 

結成27年、本当に歴史あるバンドです

このイベントをやるきっかけも

ギタリストのマサさんが

色々な場所で演奏していくうちに

縁が繋がって開催することになりました

音楽のパワーが実現した夢の企画です

 

千葉県ANGAでアースシェイカーのマーシーさんがステージに立つ瞬間

何と映像公開の許可をいただけました!

いよいよアースシェイカー曲の

セッションタイムになると

お客さんの興奮も最高潮です

会場がパンパンの満席状態の中

ついにマーシーさんが登場しました

あの名曲が生で聴けるのか…⁉

そんな期待感が会場に広がります

 

正直、今回は動画の撮影は

厳しいかなと思っていたのですが

何と、このセッション演奏の

映像を公開してもよいとの

許可をいただくことができました!

 

最高に盛り上がった夢の共演企画

GENERATION GAP主催

「Maniac Night Vol.16」

アースシェイカー曲セッションの

震えるような興奮をお楽しみください

追伸:トシさん、色々と取材への

お気遣いいただき有難うございました!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク